2012.03.20


グランデッツァ、奇麗な勝ち方でした。

大外枠から終始中団の外をまわり、そのまま押し切りました。
馬場状態からすると外寄りのバイアスに見えましたので
外枠は奏功した形でしょう。

それにしても、道中いい具合で我慢が効いていましたね。
追走する口元にじんわりと、確かな覇気がみなぎっていました。
言葉が悪いのは承知で、どこかの4冠馬に見習って欲しいところですw

4コーナー。つまづくマイネルロブスト、もたつくアルフレード、
そしてエネルギーをロスし続けたディープブリランテ。
グランデッツァの手ごたえは対照的でした。
勝者のそれでしたね。

4コーナーで大きく外に張り出したブリランテ。
押し出されるようにひとつ外に振られた格好になりましたが
その後はまっすぐ坂を駆け上がりました。

力強いフォームでしたねー。
ラジオNIKKEIまでのイメージは、華奢なタキオン。
ひと冬越してたくましくなったようです。

重馬場の皐月賞トライアル。
外から伸びる姿にタキオンの弥生賞を思い出しました。
あの時はもっと酷い馬場でしたね。
ぜひとも、無事に。

ゴール手前から鞍上はガッツポーズでした。
続報を目にしていないのですが、イタリア競馬、
年明けからストライキにはいっているそうです。
その分も力が入っていたのでしょう。

ミルコは皐月賞まで騎乗とのこと。
その後は手が戻る?厳しいかなぁ。



ディープブリランテ。

共同通信杯の投稿で書いた懸念そのままの内容でした。

ウマの前向きさからでしょう、スタートから
スムーズに好位まで進めましたが
1コーナーで内に入れるあたりから
口を割って力む姿を残念な気持ちで見守っていました。

ほらやっぱり、という揶揄ではありません(ちょっとはあるかな)。
こんなことでドヤ顔しても楽しい気持ちにはなりませんし。

あれだけ力んで3着以降を引き離していますから
常識に叶えばぶっちぎっている、という想像も可能です。
が、この種の「if」はそのままで終わることのほうが多いわけで。

強い2着と評価されるのでしょうが
1着の望みが限りなく薄い2着、と映っています。
残り時間、巻き返すため出来ることは何でしょうか。



レースラップです。
12.9-12.1-12.5-12.4-12.2-12.2-12.2-11.8-12.4。

前3頭が飛ばしたように見えますが、前半のラップはそこまで上がらず。
その3頭の失速ぶりを考えると、追走する方も堪える馬場状態だったでしょうか。

含水量は変わっても、皐月賞までは
荒れた馬場のままでしょうからね。
きれいな良馬場向きのフォームでは厳しい印象です。

1、2着馬の伸びは抜けていましたので
本番に向けて馬場の懸念は少ないでしょうか。
弥生賞組より、スタミナの裏づけも整ったと思います。



その皐月賞。

毎日杯を残していますが、勢力図が固まってきました。
若葉Sで順当に勝ち上がったワールドエース。
そしてこのグランデッツァの2頭が人気を集めるでしょうか。

個人的にはこれにゴールドシップ、
毎日杯のパフォーマンス次第でヒストリカル、
そして悩ましいディープブリランテまで加えて
中心をどこに取るか検討することになりそうです。

馬場状態を把握しないと当たらないだろうなー。
枠順だけでは判断できないでしょうね。

あー、少なくとも昨年末に
「ジョワドヴィーヴルがダービー目指す?」などと
軽口を聞く状況より、はるかに面白くなっていると思います。

…皐月賞当日は法事の予定ですが
いやいやそんなことは言ってられませんw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/513-88cb33cf