2012.03.25


終わってみたら、カレンチャンでした。

ここ3週ほど、週末に天候が崩れるサイクル。
馬場状態とともに予想もいっしょに崩れてましたがw

結果的に日曜のメインには良馬場に回復。
直前まで展開予想を補正する脳内のドタバタっぷり。
今週も同様に振り回された格好でした。
…ぶれない予想が理想的なのかなーw


土曜の時点ではいろいろなイメージを持っていました。

今の中京に対する鞍上の理解を重視して、
レジェトウショウやアポロフェニックスの立ち回りに期待しようかな、とか。

必要以上にパワーを要する場合の、エーシンリジルの積極策とか。
外差し傾向が強まった場合のアグネスウィッシュとか。
荒れ馬場でも終いのラップを踏ん張ってくるグランプリエンゼルとか。

…まぁ、絞れてないってことなんでしょうけどねw


ただ、カレンチャンとダッシャーゴーゴーは
追い切り映像と枠順を見た時点で重視と判断。

これまでのパフォーマンスからすれば、
エーシンダックマンがつくるであろう平均ペースに乗った
前残りは十分考えられるシナリオですのでね。


一方で、1番人気のロードカナロアは
最内枠を懸念材料と捉えていました。

少しでも控える戦略を取った瞬間に
馬群に包まれて直線出られない、という
悪循環をイメージしていましたので。

勝負するためにはスタートをポンと出すことと
どんなペースでも前々で展開できることだと考えていました。
強気にポジションを取り続ける戦略ですね。

こうしたウマのリズムよりポジショニングを優先する騎乗は
あまり鞍上に向いている印象がないんですよね。
そのため評価を下げていました。


で、当日の9R、10Rを確認。
グリーンベルトのような内馬場バイアスを感じ取っての
ダッシャーゴーゴー本命。。。

なんでしょうね、この博才のなさはw

…いや、坂を上がってもうひと踏ん張りできるかは
確かに未知数だったのです。
が、前々から押し切る流れをイメージしてしまいましたw
押し切るならカレンチャンでよいのにねw
ダッシャー、調子よさそうでしたからね。

外を回す差しウマと追い込み脚質のウマは
直前でばっさり切りました。
これだけでも収穫だったでしょうか。



カレンチャン。

勝因は鞍上の積極策と見ています。
先週とは全く異なる、見事な判断からのプッシュでした。

自分はマジンプロスパーの後ろに入れて
直線ひとつ外に持ち出すのかな、と思っていましたが
しっかり主張して前に出させませんでしたね。

レースラップです。
12.2-10.6-11.7-11.6-11.7-12.5。

比較として昨年のスプリンターズSはこちら。
12.0-10.2-10.8-11.2-11.5-11.7。

異なるコース、馬場状態は異なっているものの
ラップのバランスは相関しているように見えます。
カレンチャンは比較的似たバランスのラップに乗って
春秋連覇を達成したようですね。


ただ、戦歴的にも能力的にも
これ以上を望むことが可能だろうかとも思えました。

無責任な期待をするなら際限ないんですよね。
ロイヤルアスコットでブラックキャヴィアが待ってるんじゃね、とか。

個人的に、これ以降は引き際をイメージしながら、できるなら
その時期をファンと共有しながら進めて欲しいと思っています。



ダッシャーゴーゴー。

どうしても4コーナーでは
ウマなりなのに前がかり、という姿になりますね。
手ごたえを見ると「勝った!」と思ってしまうのですが
そこからが。。。

鞍上は「最高の競馬ができた」とのコメント。
このウマにはこれ以上ないのかな。
あとは展開の助けが必要なのでしょうね。



ロードカナロア。

特に前半の進め方は理想的だったと思います。
最後は力負けと理解したほうがよいでしょうか。
鞍上のコメントには「ねじ伏せられた」という表現。

ただ、勝ち鞍は京都1200に偏っていますからね。
これからのローテーションで真価が問われると
考えたほうがよいかな。

少なくともヘンに下げるような展開でなくてよかった。
今後に期待したいと思います。



最後に。

予想の時点から、結果を見てもなお思うのは
阪神1400のイメージが重なることです。

コースが違いますから馬群の詰まり方捌き方は異なるにせよ
サンカルロの伸び脚やマジンプロスパーの粘り込みは
阪神1400の進め方に似ているような気がしていまして。

中京コースが研究されるほどに
傾向が変わる可能性も多分にありますが
いまいま感じたイメージは書きとめておこうと思います。



最後の最後に。

過去10年のラップはまとめませんでした。
コースが全然違いますからね。
来年まとめてもよいのかな、と思っています。

…単なる不精といわれても否定は出来ませんけどw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/514-416a6ed0