2012.03.30


もともと速報性を期待して見ているせいでしょうか、
Twitterで目にする訃報は必要以上に驚きが増すように感じます。

モンジュー死亡。
死因は敗血症による合併症とのこと。

@Coolmorestudのツイートがリツイートされていました。
シンプルかつ、ほのかに誇り高いトーンを感じ取っています。

Montjeu, the highest-rated racehorse ever by the great Sadler’s Wells has died this morning at Coolmore Stud



おそらく日本の競馬ファンはエルコンドルパサーとの対比で
記憶していることと思います。
もちろん自分も。いまだ鮮明です。

あのロンシャンの極不良馬場での追い込みを
当時のマスコミは「欧州の意地」と表現していたはずです。
多分に惜敗した日本側の視点ですけどね。

でもその言葉が忌避されずごく自然に流通していたのは
それだけ見事な末脚だったことの証左であると受け止めています。
すごかったもんね。



もうひとつ自分の記憶に鮮烈なのは、その翌年のキングジョージ。
最後方待機から終始馬なりで差し切る圧巻のパフォーマンス!!

映像はYouTubeで確認できますし、当時は
主要な海外G1をピックしたDVDが発売されていましたので
そちらでも確認できるはずです。今探せるのかな。

エアシャカール(!)が苦も無くひねられ
ファンタスティックライトが追走で目いっぱいになる姿。

個人的にはこの1戦は、ファンタスティックライトの評価に
水を差すものになっています。

エミレーツワールドシリーズのチャンピオン、といわれても
モンジューにあの負け方をしたしなぁ。と思うようになってしまい。。。

ファンタスティックライトとガリレオの一騎打ちも
ステイゴールドのシーマクラシックも
テイエムオペラオーのジャパンカップも。

「でもモンジューよりはなぁ…」って思ってしまうのは
おそらく不幸ですよあーもったいないw



先ほど映像を観返しました。やっぱすごいわ。
キネーンのクールなプレッシャーも合わせてw
おすすめです。



父サドラーズウェルズのような
"sire of sires"という評価までには至っていませんが
産駒はすでに種牡馬として活躍していますからね。

日本の芝にはあまり合いそうなイメージはありませんね。
藤澤厩舎、水色の勝負服でたまに見かける程度でしょうか。

代を重ねて変わってくるなら、またそれは別の楽しみになってきますね。



…ジャパンカップで生で見たのは大学の時か。
自分も年を重ねたな、と感慨にふけりつつ。

お疲れさまでした。合掌。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/515-dbbdded2