2012.04.05


爆弾低気圧が日本列島を縦断する前に
エイシンフラッシュら4頭が帰国しました。

スマートファルコン、トランセンド、エーシンヴァーゴウの3頭は
週末に帰国の途に就くとのこと。

再レースとなったドバイゴールドカップしかり。
ナドアルシバのホクトベガしかり。
無事に戻ってくるだけでも大変ですのでね。
本当にお疲れさまでした。



レースの感想なのですが、残念の一言です。
それ以上あまり言葉が出てこなかったため
いまのいままで、ごにょごにょ書けませんでした。

レース映像を何度か見返して思うこと。

トランセンドの超スローペースも
ヴィクトワールピサのまくりも
特殊な条件下のもとで成立した展開だったという再認識。
やはり昨年より日本馬へのマークはきつくなっていますよね。

このプレッシャーと戦ってこそ


スタート直後に前を閉められたスマートファルコン。
得意な型のある有力馬に対して、得意な型をつくらせない対策は
全くもって妥当です。

終始背後からプレッシャーをかけられ続けたトランセンド。
ソーユーシンクにアタマひとつ内を主張され続け、外からはカッポーニ。
向こう正面では左右からがっちりマークされてしまいました。
そりゃ前年の2着馬にゆるいマークはあり得ないでしょう。
厳しいですが、妥当な展開ですね。

スタートが決まらず、後方からレースを進めたエイシンフラッシュ。
後ろ過ぎた、という鞍上のコメントがありましたが
流れに乗れなかったということ?
タペタが重かったか、消耗戦に向かなかったか、調子か。

ただ、エイシンがかからずに追走していることと
他馬の道中のストライドを見て取る限り
ペース自体も相当に速かったのだろうと推察しています。

メイダンのハロン棒はちょっと離れて立ってるのかなw
ラップタイムが知りたいところです。


3頭とも自分の有利な展開に持ち込めなかったあたりが
昨年と大いに違う点だと感じています。

挑戦をやめないことで戦い方も見えてくると信じて。
来年の遠征馬に期待したいと思います。




しかし、モンテロッソは力強かった。

いろいろ嵌った面もあると思っていますが
向こう正面までの鞍上のポジション取りが積極的と映っています。

鞍上バルザローナについてはこちら。20歳なんですね。
バルザローナ騎手、ニューマーケットのゴドルフィンを拠点に

少々脱線しますが、リンク先の
ジャパン・スタッドブック・インターナショナルの海外ニュース。
マニアックさも含めてよいクオリティと思っています。
前々から愛用しています。
RSSフィードがないようで、その点が惜しいかな。
twitterでフォローしていますので、それで相殺されている感はあります。


浜中よりも早くて派手なガッツポーズは
各方面からツッコミがはいったのでしょうかw

昨年の英ダービーもプールモアで差し切った直後に
ド派手な垂直スタンディング&ガッツポーズ。
もう、背すじピーンですよw

記事からしても次世代のフランキーと期待されている模様。
来日の機会もあるかな。要チェックですね。




最後に。

あのテンジン・スタンディングwでも
スピードが極端に落ちないあたりが
タペタの特徴なのでしょうか。

加速後のスピードを持続するパワーに秀でていること。
これが勝つために必要な特徴だとするなら
トーセンジョーダン、行けばよかったのにw

逆算してローテ組んでほしいくらいです。来年はぜひ。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/518-ad185dad