2012.04.09


ジェンティルドンナ、パワフルでしたね。

絶好のスタートから抑え気味に序盤を進められました。
外有利のトラックバイアスからすると、10番枠は
タテヨコのポジショニングを比較的容易にしたでしょう。

あとは4コーナーで先行馬群のひとつ外にエスコート。
ロスの少ない展開で力強い末脚を引き出しました。

シンザン記念での脚の使い方から
11秒前半のラップを求められる場面に
少々不安を覚えていたのですが
杞憂に終わりましたね。

自信を持って2冠に臨むでしょう。
その自信の在り方が展開の鍵を握るかもしれません。
…いじわるな発言かなw
でも上位入線した他馬とは決定的な差はないと思っていますので。



ヴィルシーナ。

鞍上かくあるべし、でした。
テン乗りながら積極的なポジショニング。
勝ちウマとの差はスタートでプッシュしたかどうか、だと思います。

クイーンSがスローでしたので
スタミナとパワーへの裏づけ不足と評価していました。が、
1、2着はともに新馬、未勝利ではないレースで
牡馬相手に勝ち鞍がありますね。
ここをもっと重視すべきでした。



アイムユアーズ。

若干カラダがさびしく映りました。
前走のほうがよかった印象です。

それ以前に、ファルブラヴ産駒の限界、というイメージが
予想の段階で払拭できず、評価はあがりませんでした。
ワンカラット、といえば伝わりやすいでしょうか。
外回り1600が向かないイメージ。

レース運びは見事だったと思います。
鞍上を信じた予想をしたなら負けてなお満足できたでしょうね。



ジョワドヴィーヴル。

阪神JF上位組では、唯一パフォーマンスを
崩してしまいました。

スタートから促しても行き脚がついていないのが
映像からは見て取れます。

また、プレノタートにマークされ
少し早いタイミングで仕掛ける展開になりました。

直線外を回る展開は予定通りだったでしょうが
1、2、3着馬の通ったコースからすると
だいぶ外に振られる格好になりましたし。

ただ、なんといいますか、それらの展開は
全部織り込み済で臨めるように思うんですけどね。
そこが難しいところなのでしょうか。



ざっくり捉えますが、阪神JFと桜花賞。
展開が相関しているように思っています。

桜花賞のレースラップです。
12.7-10.9-11.3-12.2-12.2-12.1-11.0-12.2。

そして阪神JFのレースラップ。
12.6-11.1-12.1-12.2-12.2-11.7-11.0-12.0。

ラップの力点、似ていますよね。
異なるのは3ハロン目の11.3。
このラップを中団より前で受けることができるかが
半年間の成長を問う部分だったでしょうか。

勝ちウマの、直線入口のポジショニングも似ています。
2レースの映像を止めて比較してみてください。
勝ちウマの位置は、タテヨコ、ほぼ同じです。

一方桜花賞でのジョワドヴィーヴルは
阪神JFでのオリエントチャームの展開を
なぞっているように見えます。
勝つためのポイントからは随分離れてしまっていました。


鞍上のリード。
どのような思惑を持って臨んだのでしょう。

自分は外枠克服のため、前目のポジションを取りに行くか
あるいは後方待機で直線までじっとする展開。
どちらかしかない、と考えていました。

もしジョワドがあの位置と展開しか望めないレベルにあるのなら
プレノタートのちょっかいに合わせるような動き出しでは
少ない勝機をより削ってしまうでしょう。

1番人気のプライドを守る負け方?
関係者への消極的な納得はあるかもしれませんが
1番人気が最後まで勝負にかかわらない展開は
観る側に不満が残ります。

少なくともエキサイティングな訴えかけではありませんでした。
単に前目にポジショニングすべき、ということではないですよ。
どうすべきだったかは本人がお腹で引き受けて
次に向かうはずです。


なお、同日の9レース、同じ外回り1600で
1番人気フルアクセルを同じように誘導し
スポイルされてしまっていました。

予想的にはジョワドから入りつつも
この外枠スポイルを見てタテ目を押さえました。
…自分の期待も膨らみすぎだったかな。


この戦略を良く捉えるのなら、スタートを急かさない乗り方で
ジョワドヴィーヴルのこれまでの経験と
今後の成長を守った、とはいえるかもしれません。

今後勝負していくであろう中距離路線に向けた布石。
そう解釈すれば、伝わりにくいですが納得感はあります。

目の前のG1と、競走生活への俯瞰。
ここがせめぎあっているのならまだ大丈夫でしょうか。
むーん。


2歳暮れに見た成長の伸びしろ。
あれが現実化するなら1強になってもおかしくないと思っています。

…以前、こんな風にグラスワンダーを
追いかけていたのを思い出しちゃいましたけどねw



最後に。

フジの中継、勝利ジョッキーインタビュー。
その最後に、ヘンな間のあと苦笑気味だった
勝利ジョッキーにはなにがあったのでしょう。
なにかのネタでもやり損ねたのかなw

自分は「ジェンティルドンナ」という単語が
でてこなかったのではと邪推しているのですが
まさかねぇw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/521-986c016c