2012.04.15
ゴールドシップ、の実力もありますが
見事なのは内田博幸の胆力でしょう。

土曜の雨がとどめでしたね。
日曜9Rを確認しましたが、3コーナー以降
内から4~5頭分への進入はタブーのように見えました。
メインまで乾かなかった、と推察できます。

まさかその内側をごく短時間だけ通るとは。。。
豪快なアウトインアウト。ウマも応えましたねー。

レース後のコメントでは3コーナーで
エリザベス女王杯のスノーフェアリーをイメージしたそうです。
あれだ!だってw

他馬の進路取り、ステイゴールドのボディバランス、
気を抜きやすい性格などを秤にかければ
確かに今日の展開は納得するところです。

それはあくまで後から振り返っての理解であって
本当にあの進路を選択する胆力は
どのジョッキーにも備わっているものではないでしょう。

端的に、すげーといえば十分ですねw
単勝で買えていれば楽しかっただろうなぁー。

復帰からは初のG1制覇。
事故を経てなお保たれる攻めの姿勢は
本当に頼もしく映っています。

2冠は馬場状態と展開次第でしょうか。
あ、今日の激走による反動は心配するところです。



道中イン寄りから4コーナーでアウトに膨らんで
自分のポジションとタイミングでスパートできる、
一番有利に立ち回れる存在を探した結果、
予想は消去法的にグランデッツァでした。

そのグランデッツァはスタートからプッシュせず。
プッシュできなかった、ようです。
道中ずっとノメッていたとのこと。

デムーロは無難なハンドリングに終始した印象です。
勝負にいけなかったノメり方も含め
次走府中の2400につながる内容でもあったと思います。

前走以降、かなり食欲が増した上でマイナス体重。
でも、見た目カラダに厚みがでてきた印象もあり。
良馬場なら十分見直せるはずです。



最後方付近から進めるウマは
4コーナーで膨れる馬群の
さらに外を回されるロスがあるはず。
かつてタニノギムレットで経験済です。

今回その対象はワールドエースだろうと思っていました。
まぁごく一般的なイメージでしょうね。
それでも差す、という期待が1番人気の正体なのでしょう。
※訂正:最終的には2番人気でした。失礼いたしました。

「内田さんがうまかった」というコメントに
ちょっと不満を覚えつつも、
ダービーに向けた布石、と前向きに捉えています。
良馬場なら最有力かな。



問題はディープブリランテ。
今日は次走以降の折り合いを展望する内容に
徹底するものと思っていましたが
皐月賞を勝つ競馬をしていましたね。

スタートから、控えて前にウマを置く、という意思は
見られなかったという印象。
ウマなりのまま進めて、外からゼロスに前に入られた瞬間に
スイッチが入ってしまいました。

向こう正面で落ち着いた、ということでしたが
ゴール前は脚が上がってしまっていたようにも。

この内容を繰り返しながら矯正していくつもり?
ほぼ勝ち目のない惜敗を繰り返しながら
クラシックが終えてしまう可能性が強くなってきた印象です。
もったいない。


少しだけ触れます。トリップの騎乗ぶり。
道中ブリランテの真後ろに入り、4コーナーは膨れずに
ゴールドシップとほぼ同じコースへ。
内々をギリギリまで攻めていたように見えました。

最後はスタミナ切れと見ていますが
鞍上のリードは信頼に足る印象です。さすが。



最後に。

レースラップです。
12.4-11.1-12.3-11.9-11.4-11.6-12.2-12.7-13.6-12.1。

なんじゃこら、というw

ダービーに向けてもそうですが、
後年扱いの難しい記録が残るのだなぁという
感慨がわいております。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/524-134019a9