2012.05.13


久しぶりに悪友と府中へ参りました。

メイン前にパドック脇のお店で
コーヒーをいただきながら近況報告。
駄話がてら、ふわふわ予想を展開しておりました。

少し風が強めでしたけれどいい陽射し。
のんびりモードでしたね。

真っ先にサダムパテックの名前を挙げていたのですが
展開とペースについて言葉を重ねるうちに
まぁ、10回やったら10回展開変わるよねーという話に。

サンカルロが差しにくい枠にはいったと判断して
無印にしたことは正解だった、くらいでしょうか。
あ、気になったのは馬番ではなく両サイドのウマですね。
内々では運びにくく外にも持ち出しにくそうだなと。

展開予想が脳内で4回転くらいして、やっぱりサダムパテックに。
いやでも、その動きを見ながら進めるなら、ともう半回転してしまって
本命はサクラゴスペルに。。。

イーブンペースの締まったラップの中
ひとつ抜け出すパワフルな末脚でした。

前のペースを受けて抜け出す展開なら
クレイグは信頼に足る、という判断は事前にあったんですけどね。。。

ただ、インプレスウィナーが3着。
このあたりがさほどパワーを問わない馬場だったとも。

G1の馬場読みも兼ねた来場でしたので
さてさて、悩みが増えた格好になっております。



すっかり朝ですねぇ。

ヴィクトリアマイルの検討中です。

追い切りの調子からはアパパネの復権でよいように思っていますが
他馬も調子をあげていますね。

ホエールキャプチャ、フミノイマージン、マルセリーナ、マイネイサベル、スプリングサンダー。
調子だけだと結構挙がってしまいます。

気になっているのは、内枠から積極的ならレディアルバローザ。
前半のペースが上がるならグランプリエンゼルの差し。
終始締まった展開ならアプリコットフィズの頭まで。
土曜の最終、カッチーは余裕を持って乗れていましたし。

うーん、もう少し考えたいですねーw
考えすぎ?それもまた楽しみのうちですのでね。



最後に。

追い切り後のインタビューでの角居調教師。

「なんとかウオッカの影を踏めるような走りをしてくれたら」
確かにこのようにコメントされてはいました。
が、映像を観ると「先輩に続け、と」というインタビュアーの
いわば逃げ場のない促しに応ずる形で出たコメントでした。

意気込んだコメントではなく
おあいそ、というニュアンスですね。

それが記事のタイトルになり、リンクテキストになり
当初のニュアンスが削ぎ落とされた記事になっているのは
どうなんでしょうね。
まじめに突っ込みすぎでしょうか。

確かにウオッカの名前があれば
クリックされやすいだろうと推察しますが
記事を読んだ後で期待値をあげた自分に
がっかりしておりまして。。。

オールザットジャズに深く思い入れている記事でもなかったような。
伝える側の誠実、と言っても響きませんかね。。。

記事のコメント欄には、比較するのは酷、または早計という
評価が並んでいました。
ふだんは雑だなーと軽く受け流していたりするのですが
今回ばかりはちょっとうなずいてしまいました。


あ、レースへの期待値は下がっておりませんので。
ばっちり悩みたいと思っています。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/535-b3ae875b