2012.05.20

前日オッズでフローラS馬が1番人気。

桜花賞馬1、2着がそろってエントリーしている状況では
かなり珍しい単勝オッズになっています。

前走の勝ちっぷりもそうですが
追い切りタイム(美浦坂路で48秒台!)や
タニノギムレットの有力馬をすぐにウオッカになぞらえる報道も
人気を後押ししているのかもしれません。


競馬始めたての頃に比べれば
こうした煽られるような人気を
さくっと許容できるようになっていますけどね。

むかしばなしー。
境が吹いたウマは消し。
太が吹いたウマは消し。
自分はギリギリ、サクラローレルに間に合っていますので
その言葉のもつ雰囲気は多少知っています。

今回の中間の報道にちょっとその匂いを感じてしまいまして。
追い切り後のインタビュー映像を見ると
トレーナー自身は結構淡々と話しているんですけどね。


追い切り映像を見る限り、人気上位3頭が
アタマひとつ抜けて仕上がっている印象。

ただ問題は未知の距離への延長ですね。
2400mを有利に運べて好調なウマを
穴に指名しておく必要がありそうです。
いまいまの見立てでは、マイネエポナ、メイショウスザンナ、トーセンベニザクラ。

特にエポナは先の桜花賞で自身にとっては
厳しい(というより難しい)ペースを経験している模様です。
以下が桜花賞のラップです。
12.7-10.9-11.3-12.2-12.2-12.1-11.0-12.2。

11.0とその前後の大きな上下動ラップに対応しきれなかったとしたら
エポナの鞍上は平均的に流れる展開を生み出しに行くと思っています。
先手を取るならちょっと怖いかもしれません。


アイムユアーズは好調クレイグが前々で
レースを進めてくると思っています。
おそらくはプラス材料ですね。

問題は父ファルブラヴが一本調子のスプリンターを出しやすい傾向にあること。
2400mは長すぎるだろうと端的に思っていました。

が、血統表を見てびっくり。ダイナカールの母系であることもそうですが
Fairy King≒Sadler's Wellsのクロスがあるのね。
距離適性に裏づけができたことになるでしょうか。
ちょっと注意しておきたいと思います。




さて、東海Sはソリタリーキング。
ついに重賞を獲りました。

兄弟制覇という報道を見つけ、
はて?ヴァーミリアンは勝っていないのでは?と
思っていたのですが
サカラートが勝っていましたね。そうでした。

いまいまの京都の馬場コンディションですから
かなり特殊な馬場だったと理解しておくことにいたしますw

目立ったのはデスペラード。期待していなかったこともあるでしょうが
あそこまで伸びてくると思いませんでした。
馬場さえフィットしていれば同様の展開で
リピートしてきそうだな、という感想をもっています。



一方、イギリスでは昨年の欧州年度代表馬Frankelが
これまでにないパフォーマンスを見せていました。
先ほど行われたロッキンジS。

一頓挫あったため今年緒戦となったFrankel。
まぁ、豪快な勝ち方でしたねw

2番手で折り合って、バンと抜け出す。
以前のような、前半の勢いだけでマイルを押し切る展開からは
ずいぶん成長?したように見て取りました。
こうしたシンプルな戦略が身についてくると
ますます強さが引き出しやすくなりますね。

Black Cavierとの対決は実現するのでしょうか。
という野暮なコメントを吐きつつ
次走に期待したいと思っています。



さぁ、すんごい睡魔とたたかいながら書いておりますが
オークスの予想はもう少しかかるかな。

先週のアプリコットフィズは酷かったのでね。。。
同厩舎という点と「太ラッパ」。…今回はラッパではないかな。
でもかつて経験したラッパの幻影が
俯瞰した予想を妨げているようにも思えて。。。

すべて自分の脳内で起こっている問題ですので
自分との戦いになりますねw

この葛藤になんとか打ち勝ちたいと思いますー。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/539-22aadeee