2012.06.17


グルヴェイグ、パワフルな末脚でした。

日曜午後は所用がありましたので、直前の馬場がわからないまま午前中に馬券を買いました、という言い訳w 1、3着の馬連は持っていたんですけどね、2着がまるでノーマークになってしまいました。後でクリスマスキャロルの追い切り映像を観たのですが、買っておけばよかったですねw エリンコートの復調具合に注目してしまっていました。

グルヴェイグの前走、府中のホンコンJT。鮮やかな末脚はディープとトニービンが重なっているためかしら。あの伸びやかなストライドが心象深い分、週末土砂降りだった阪神の芝にどのくらい対応できるのか、ちょっと不安を覚えていました。走法への不安というよりバテずに最後までフィニッシュできるのかが微妙かなと。

まぁ、杞憂でございましたw 能力差といった方がいいかもしれませんが、最後まで力強い末脚でした。以下、レースラップです。府中とは異なる強さを見せてくれました。
12.4-10.8-12.3-12.2-12.0-12.0-11.7-12.0-12.1-12.4。

母娘制覇、姉妹制覇。印象深いのは母エアグルーヴ。骨折大敗した秋華賞からの復帰緒戦でした。事前の報道は不安半分というトーンでしたね。きっちり結果をだしたことの価値を自分が理解するにはまだ時間がかかるビギナーでございましたw

京都、東京、阪神で3連勝しての重賞制覇。2、3着が軽ハンデだったことが軽視材料になるかもしれませんが、フィニッシュまでの脚色はこの先を期待させるものと見て取りました。秋はどこから始動するでしょうかね。G1が楽しみになりました。あー、鞍上は誰になりますかねぇ。



函館スプリントSもさくっと。

ドリームバレンチノの4コーナー。内から1頭分膨らもうとするライバルを、大外をまくりながら締め続けました。ウマの充実もそうですが、若干出負け気味のスタートを上手く挽回する好騎乗だったと思います。パドトロワの外に並ぶタイミングは絶妙でした。お見事です。

反対にに1番人気ロードカナロアは勝ちウマを前にやってから外に進路を取る時間的なロス。これが致命傷でした。ジョッキーの乗り方云々より、好位の内があだになるパターンとして心得ておきたいと思います。サマースプリント狙いであれば、悲観することはないんじゃないでしょうか。



最後に。

春のグランプリ。1週前追い切りを観た限り、4冠馬のフィジカルはだいぶ復調している模様です。ルーラーシップかエイシンフラッシュでよいかなと思っていたのですが、しっかり躊躇しないといけないみたいです。最終追い切りを観たらまた悩むんだろうなー。全兄ドリームジャーニーのイメージがありますからね。馬場状態とあわせて、1週間あれこれ悩みたいと思います。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/553-212ce55f