2012.06.25


オルフェーヴル、復活の5冠でした。

午後から後楽園のWINSで観戦していました。「7分の出来」についてはあくまでトレーナーの選んだ言葉として、パドックと返し馬の映像でどれだけやれるのか見極めようとしました。張りもつやも物足りないながら、普通に走れる状態という見立てに達しました。「7分の出来」はある意味ではストレートな表現だったのだろうと理解するに至っていました。なにより「目力」がギリギリ信じるに足るものと思っていました。結論は、敬意を込めた無印でした。フェデラリストのような4コーナーを迎えるなら連対は厳しいだろうという判断でした。

称えるべきは池添の4コーナーの所作でしょう。エイシンフラッシュの内に躊躇なく飛び込みました。内が伸びにくい馬場である認識をもちつつ、この判断は実に冷静で俊敏でした。自分は先に見立てたとおり、内でも、大外でも、勝ちきれるトラックバイアスではないと思っていました。エイシンの内を突かなかったら?ホエールキャプチャをパスするのに手間取って、あるいはその外を回して、ルーラーシップを捉え切れなかったかもしれません。…いや、それでも勝っていたかなw

冷静な判断を支えたもの。レース後のインタビュー、愛馬の力を証明できたという涙がありました。この一点に集約されているのかもしれません。直線選んだコースは決してベストではなかったと思います。でも4冠馬へのエスコートとしては充分だったのでしょう。あとは4冠馬が応えてくれたのだと理解しています。レースで見せた集中力と気迫は、いわゆる「綱の責任」を託すに足る見栄えでした。

復活。思わずツイートしちゃいましたが、体調が戻ったことを指したのではなく、チャンピオンとしての文脈、秋のロンシャンを目指す文脈を陣営とウマ自身が取り戻したと感じたためです。改めて凱旋門賞への検討は前向きなものとして受け止められるでしょう。後押しを受けてこその挑戦。その期待を取り戻すことになりましたね。

ひとついうなら。トレーナーなりオーナーなりから「背負った発言」が聞きたかったな、と。レース後に「半信半疑だった」というコメントがでていましたが、これはまだ許容できるかな(前回自分が投稿したタイトルと同じじゃんか、という個人的なツッコミはありましたが)。「負けたら自分の責任」という意思表示がどこからも聞こえてこなかったように思っていまして。結果がでてもでなくても、預かるひとが守る姿勢を示していてほしいなと。贅沢な要望ですかね。どうでしょう。


本命はルーラーシップでした。

10Rの尼崎S。カノンコードの3~4コーナーは美しい進路取りでした。クロフネ産駒のストライドを活かすように少しずつ外へ外へ、むやみにストライドを詰めないように直線外目へ導いていました。メインレースへのシミュレーションを兼ねた勝利。クレイグはそのままトレースするだろうと思ってみていました。大柄の馬体は絶好の仕上がり。パドックの周回では映えていましたね。前後のパワーがしっかり連動しそうな筋力と、あごと目に覇気が宿っていました。

もうひとつ決め手だったのがクレイグの技術と見立て。この出来でストライドロスを少なくするなら、馬群のペースに合わせ過ぎるのはルーラーシップの持ち味を減じたでしょう。仮にペースが落ち着く場合でも、1頭だけ異なるラップを刻んで、少しずつポジションを上げていく判断が出来るはずだと読んでいました。実際の1、2コーナー。エイシンフラッシュの内から徐々に進出して、向こう正面ではエイシンの前に入っていました。ホントにやるから凄いですよねw

レースラップです。
12.2-10.9-11.2-11.9-12.2-12.1-12.5-12.6-11.6-11.6-12.1。

このラップを積極的に追走したこと、ラスト1ハロンのまとめ方も含め、ほぼパーフェクトに運んだという理解です。4コーナーでは勝ったと思いました。本命にしたことに全く悔いはありません。ただ1頭、もっと凄いウマがいただけでした。3、4、5着をすべて相手に押さえていましたけどねーw 馬券的には完敗でございました。


さて、他馬の心象をさっくりと。


ショウナンマイティ。

自分のペースに徹していたと理解しています。馬場読みから、大外を通ることに徹するならよくて着だろうと思っていました。府中より京都の外回り?


ウインバリアシオン。

追い切り、パドックとも上々の気配。ただレース前半はマイペースを守ったほうが持ち味が活きるのかな。岩田の積極策はひとつの試みとして評価されるべきと思っています。トライするには絶好の乗り替わりだったでしょう。


マウントシャスタ。

パドックでは好印象。前傾過ぎる消耗戦だったら厳しいでしょうが、条件戦の上がりラップで10秒台が計時されていましたので、白百合Sの速い上がりとその脚色から、立ち回り方次第では善戦可能と思っていました。秋に期待をかけたい1頭です。


エイシンフラッシュ。

こちらも直前まで好印象だったのですが、パドックと返し馬をみて評価を下げました。いや、悪くはなかったですよ。彫刻のように研ぎ澄まされている姿を府中で見ているのですが、そのとき結果は相関しませんでした。その記憶が今回背中を押さなかったと思っています。しかし、期待ほどのパフォーマンスでもありませんでした。こちらも秋までリフレッシュしてほしいです。


トゥザグローリー。

しっかり仕上がっていたのに、どうしたでしょう。4コーナー以降、ウマが諦めてしまったように見えました。ちょっとキツくね?というクレバーな判断がウマ自身にあるなら、今後は難航しそうです。外枠は関係ないでしょうね。



最後に。

状態の判断のため、土曜に昨年の有馬記念を見直していたのですが、あの4コーナーからの重心の沈んだうなるようなフォームは、宝塚記念では見られなかったと思っています。それでも勝てるから凄いのですが。ロンシャンに向けて状態を上げていけるか、それによってわくわく感がだいぶ変わってきます。ロイヤルアスコットの心象は別に書きたいと思っていますが(時間的に可能か微妙ですがw)、フランケルのような圧倒的なパフォーマンスを期待したいのですよー。オルフェーヴルはそれだけの存在だと思っています。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/555-c7d0c633