2012.06.30

ゴルトブリッツ、見事な末脚でした。

レース映像は当日の深夜にネットで確認。Twitter等々のテキストで結果は知っていましたが、末脚鮮やかでしたね。せめて大井の馬券を販売し始めた後楽園のWINSに行きたかったのですが、どうにもこうにも仕事がね。レースを観ずに何をしているんだ的自暴自棄感がございましたよw ちょー行きたかった。香里奈横丁も含めてですねw

内枠から先頭に立ったランフォルセがスローをおとして、3コーナーまで馬群が詰まる展開。逃げウマの2つ外を丁寧に追走した川田のポジショニングの勝利と思いました。

レースラップです。
12.5-11.4-12.1-13.0-12.6-12.5-12.4-12.9-11.8-11.8

3、4コーナー中間で12.9にラップを落としてからの11.8-11.8。どうやら馬場が加速ラップを担保していますね。脚元の砂が結構巻き上げられる画を観る限りはパワーの要る馬場っぽいんですけどね。路盤が固めなのかな。それを意識しての「スローの団子」ならある程度納得感はありますが、1秒以上の急加速ならシンボリクリスエスよりゴールドアリュールよりスペシャルウィークなのでしょうね。抜け出してからもしっかりした脚取りでした。

圧巻パフォーマンスだった前々走、仁川Sのあたりから、非力だった馬体にパワフルなバランスが加わっているように見えていました。東海Sを取りやめたこともきっと奏功したのでしょう。3歳暮れの東京大賞典。スマートファルコンと比較するには酷な、特にトモまわりに力を感じさせない若駒の姿に、軽く青田買いをして痛い目を見たのを思い出しましたw 雄大かつ均整のとれた馬体のイメージはその当時からでしたね。あのひょろっとしたウマがねーG1制覇ですかー。


インタビューのコントラスト。

そつのない鞍上のコメントと、トレーナーの「ゴリちゃん」発言のコントラストにヤラれておりますw 広報や仕入れに軸足を置くトレーナーも多い中で、ゴルトブリッツのトレーナーは誰よりも現場に身を置くというタイプとのこと。トレーナーのタイプはいろいろですね。


母レディブロンド。

いまだとディープインパクトの半姉として理解される方が自然なのでしょうが、自分は現役時代のイメージのほうが強く覚えておりまして。使い出し遅すぎない?というデビュー戦と連勝しながら格上げチャレンジしたスプリンターズS。どミーハーな当時の自分はばっちり買ってしまっていましたw


この後は秋に備えるということ。

国内のダート戦線だけでも十分厳しいレースになりそうです。今回はスローの瞬発力で射止めたタイトルですので、今後ハイペースで展開したレースでどれだけパフォーマンスを維持できるかが未知数、ということになるでしょうか。新たな逸材、楽しみにしています。



最後に。

先ほどから、ようやくブログを書き始められたと思っています。(※追記:これはほんとにひどい日本語w ねもいにも程がありますね。「ようやくブログを書ける状況になりました」あたりが正解です。読み手の皆様にはご迷惑おかけします。)ホントにようやくです。しかし書いてるうちに平日の疲れがどっと出てまいりまして。瞼が重くてねー。いやもう平日の地方重賞はその場で観られないと、こうやって記事をしたためるタイミングもなかなか取りづらくなってしまいます。無理はしませんが、思ったことの鮮度があるうちに書きたい、という思いが交錯しイライラ感もあったりして。精神衛生上よろしくないですねーw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/556-c15bc3b8