2012.08.05

エクスペディションが力強く決めました。

明日の準備もろもろあって、いまいまはくっと結果をみた状態です。エクスペディションの適性と浜中の適性がしっかり足し算されたなー、という第一印象。仕掛けを待つのではなく、自分で仕掛けるタイミングを決めていたように見えました。応えるだけの馬だった、というより応えられるだけの馬がまわってくると言い換えた方がよいのかな。決して嵌まったのではなく、鞍上がきっちり導いた結果と思っています。リーディングぽくなってきました。

レースラップです。
12.2-10.7-11.6-12.5-12.0-11.8-11.6-11.6-11.7-11.6。

後半はよどみないペースでラストまでラップが落ちない展開。平均的な小倉記念のイメージはこんなバランスですが、これを自分から仕掛けて勝ちきっていますから、やはり小倉は得意としているのでしょう。秋の目標がどのあたりになるか、続報が楽しみです。

勝ち馬以外に気になったのは、よくもってくるなーさすがだなーと思ったナリタクリスタルと、内枠で立ち回れたらもっと楽しめたはずのゲシュタルトあたり。中井J、初勝利の中京逃げ切りから気にしております。


さて、そろそろ出発。詳しくは明日に書こうと思います。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/565-89f7887a