2012.08.12
ようやく観ました。

競走馬をテーマにした映画はそんなに多くないことも期待値があがっていた理由なのですが、夏季休暇は青森に費やしてしまったこともあり、なかなか観る時間が取れずじまいでした。いや、2時間の余裕が全くなかったわけではないのですが、何でもいいから観るというのも居心地がよろしくないものでして。映画に向かう気分も重要なポイントだったりしています。発売日に買った意味はすっかり失われていますねw


馬主のお話。

率直な感想です。映画のクオリティをうんぬんするのではなく、コンセプトの話ですね。歴史的な競走馬のドキュメンタリーという視点はそこまで強くない印象でした。家庭を支える妻であり母である主人公が馬主という立場や社会現象となる競走馬の存在を引き受けていくヒューマンドラマ、といった方がピントが合うように思います。セクレタリアトは彼女の期待や変化の象徴として描かれているようにも見えました。

セクレタリアトの3冠以前は、周囲の反対を押し切りながら馬主を続けていく姿が描かれます。不協和音を生みながらなお馬主であることにこだわる所以、それは彼女の自己実現への欲求であり、執念であり、それがセクレタリアトへ投影されていきます。3冠馬の映画タイトルに隠れていますが、こちらが主要なテーマなのでしょうね。シンジケートにひとが集まらず、彼女があきらめないと訴える納屋のシーンでその「澱」は際立って示唆されています。

映画を観る前の構えとは違うバランスでしたので補正しながら観ることなったのですが、馬主としての苦悩や決断を垣間見ることができたようで、かえって面白かったですね。


年輪にグッとくる。

3冠のかかったベルモントSの前夜祭。映画全体ではかなり後半ですね。記録のかかるレースを控えてこれまでを讃え合う調教師と馬主、というシーンがあるのですが、調教師のセリフに印象的なものがありました。字幕の日本語を引用します。

馬主が誰でも馬には関係ないと思ってた
でもただの馬じゃない
セクレタリアトだ



また反芻して泣きそうですw 相当感激屋さんなのかなーw でなきゃ競馬も続いてないでしょうしねw ここで理由を解説してしまうと読まれた方は「あーだから泣いたのねお安いひとw」みたいにロジカルに納得するシーンになってしまうので、割愛しておきます。非常に綺麗なシーンです。是非ご覧ください。


孤独。

同じ前夜祭のシーンで離れて暮らしている主人公の家族(夫、子供4人)が招かれているのですが、その家族を見守る姿もまた印象的でした。彼女の孤独を端的に示すよう仕組まれています。セクレタリアトの活躍で「お母さん、すごい!」と一見評価されてはいるのですが、家族の温かい環から距離をとってしまった事実が変わらずに存在することを暗に示すシーンでした。男社会にうってでる女性の姿。引き換え、という言葉がついてまわるやりきれない感覚がありました。


レースシーン。

迫力のローアングルです。中京競馬場の試乗の際にジョッキー視点の映像が公開されていましたが、あれよりも断然迫力がありましたw 比較対象がおかしいかなw 馬群の後方を外からまくるシーンでの土の飛び方とか、レースの厳しさを伝えるのにローアングルの多用が効果を出していると思います。また、ゲートでスタートを待つ間のアップがとても印象的。栗毛のたてがみと手綱を束ねてギュッと握るカットや、ビックレッドの片目をアップしたカットは特有のフェティシズムをお持ちでないあなたにもおすすめですw


ボーナス・コンテンツ。

Blu-rayの特典として、主人公のモデルとなった実際の馬主ペニー・チェネリーと監督のランダル・ウォレスの対談が収録されていますが、これが自分には非常に重要な内容でした。上記の引用したセリフについても孤独の件についても、この対談で触れられていました。ちょっとだけ触れると、引用したセリフは監督が付け足したそうです。監督曰く「真実であったと思います」と。調教師本人の発した事実があるかどうかは問題ではないですね。改めてじわーっと感激した瞬間でした。なお、対談ではその付け足しをどう思います?と問いかける流れになっています。


感激ばかりではなく。

3冠達成のカタルシスを前提にした苦悩の描き方、その重みづけは確かに難しいのでしょうが、結果が知れていなければ単に無謀な馬主1年生としか映らない見せ方、とか。セクレタリアトの活躍でなにもかもうまくいったように受け取れてしまう結末は大丈夫なのか、とか。ご都合主義ではないですが、馬主としての苦悩や軋轢の提示が不十分に感じました。このあたりディズニー映画にいれるツッコミじゃないよ、みたいな不文律があったらごめんなさいなのですが。


ただ、競走馬に魅せられたひとの思いの託し方という観点では、清濁合わせてうまく描かれているように思いました。「シービスケット」との切り取り方の違いを噛み分けてみるのも面白いかもしれません。おすすめです。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/568-fbc89883