2012.08.13


ドナウブルー、快勝でした。

いやー、前で折り合えるって大事ですね。日中、所用で映像を観たのは夜になってからだったのですが、スタートして1ハロンで2、3番手が残る予感がする画。有力馬がさっと馬群に蓋をしたため長い向こう正面でそのまま隊列が決まってスローのまま4コーナーまで行くんだろうなー、という予感ですね。ホエールキャプチャのヴィクトリアマイルを思い出しました。あの時はドナウブルー、2着してましたものね。ぴったりの展開だったという理解に至っております。

エーシンリターンズは買っていたんですが、内枠重視でアスカトップレディへ手を伸ばしてしまいまして。素直に京都牝馬の序列と、そして内田Jを信頼すべきでしたw


レースラップです。
12.2-10.9-11.9-12.0-11.7-11.1-10.4-11.3。

最後の1ハロンは1秒近く落ちていますので、ゴール手前の失速の程度が勝敗を分けることになったようです。個体の特長の差が出たのかな。自分の感じ方ですが、キンカメのパワーよりディープのフォームが、平坦コースでのスピード維持には向いていたのかなと。ジョッキーの差?うーん、いや、でも、エーシンの仕掛けのタイミングには納得感ありましたよ。

うまく立ち回ったというなら3着のスピリタスでしょう。終始内々をキープして直線向いてからの落ち着いたシフトアップ。マイネイザベルの内から綺麗に抜けてきました。前走、前々で運んだウマの経験も後押ししているでしょうが、あまり新潟で乗っているイメージのないジョッキーですしね。映像を見直して感嘆した格好です。


最後に。

2年前のレッツゴーキリシマの関屋記念。1、2、3着のジョッキーは今年も1、2、4着に入線。ディフェンディングチャンピオンが3頭出走していましたが、ジョッキーの方もリピーター感が出てくるなら今後は要注意かもしれません。はい、適当なコメントで失礼しましたw

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/569-cede1d87