2012.08.19


小ネタ。

金曜は職場のみなさまと大井へ。今回は同じ部署の役職付きの皆さまで繰り出しました。役付きが全員勢い込んで定時退社する姿は奇異だったでしょうねw いいんです(華丸さん調でねw)。定時退社は決しておかしなことではありませんよ。ええ、もちろん。

9、10、11レースと都合3レースを、パドック→返し馬→レースとローテーションできました。ビギナーズラック、あるものですねー。競馬デビューの2名が2名とも的中w 直接の上司に至っては3レース総て的中、掛け金が約2倍になりました。食い気味にパドックや券売機へ向かう様はもうダメな予感満載でしたw よかったよかったw


そのあと流れたお店では「トータルでどれくらい儲かってるの(損してるの)?」という定番の受け答え。どれだけマイナスかこわくて把握していない的な社交辞令トークを挟みつつ、そういやホントに把握するつもりがない自分に気がついてみたり。

なんというか、身も蓋もないんですが、競馬を「趣味」でやってるからこんな質問に違和感を覚えたりしているんでしょうね。趣味って、収支よりも満足のためにどれだけお金を「使う」か、という価値が先行しやすいですものね。馬券を買うときにはその分「使う」つもりで買っていますし。などと、自然と自分がとっていた立ち振る舞い方を改めて振り返ったりしていました。いろいろな場面で気づきがあるものです。



最終11レースは、1番人気のリボルトレイダーが内から主張してハナへ。これを戸崎キーパーが3番手から4コーナーを待たずに捕まえにいく展開。ラップは以下の通りでした。

12.5-12.2-13.5-13.1-12.1-12.4-13.0-13.0-13.8

スタートダッシュががっつり、1コーナー過ぎでドンと息が入るも、向こう正面からは2番手からつつかれるという1番人気。ラップの緩急が強すぎましたし、ペースアップのポイントがだいぶ手前でしたからね、さすがにラストまで持ちませんでした。これをつかず離れず追走したキーパーも早めに仕掛けてセーフティリードを取る戦略しか手がなくなってしまった格好。深めのブリンカーはこの場合かえって、だったでしょうか。その分、その後ろで虎視眈々とした3番人気デヴィルズサンダーに向いた流れになりました。

やりあった2頭を残り100で差し切る展開。ビギナーにも端的に訴えかける見栄えになりました。ゴール手前に陣取っていたので、差し切る姿をかなり近くで見ることが出来ましたしね。後は10年選手がしっかり馬券を取っていればねーw


相変わらず初心者の方のエスコートには戸惑いを感じるばかりなのですが、今回は魅せるレースに助けられました。ちゃんと説明もしましたよ。仕掛けどころとかスタミナとかガス欠とかw こういうレースだと言葉も駆使しやすかったですね。なんだかんだで熱は伝わったようです、よかった。もろもろ好印象な夜でした。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/570-204c46b2