2012.08.19


フミノイマージン、捲り切りました。

スタートから少しずつポジションを下げる展開。残り800m付近から仕掛けて4コーナーは大捲り。マイネルスターリーが早めに捲り上げた分を加味しても、前の有力馬が残るペースと思ってみていましたので、フミノの4コーナーはテンション上がりましたねー。太宰に手が戻って大正解でした。脚の使い方をよく心得ているからこその勝利と思っています。

レースラップです。
12.8-10.6-11.6-12.2-12.3-12.3-11.7-12.0-11.4-11.8。

残り800からのペースアップで、前々で運んだ馬は苦しくなったでしょうか。ヒルノダムールもここでは動きませんでした。勝ち馬はここで捲くっていくのですからたいしたもの。体調も上々だったのでしょう。

ヒルノもダークシャドウも、追い切りパドックともにびしっとした出来には映りませんでした。フジの中継で細江さんが指摘していたとおり、ダークシャドウは前捌きが固い印象。相対的にヒルノのほうが仕上がっていたように見えましたが、より決め手で上回るウマに惜敗、などというイメージが湧いていました。

予想は、前々で運ぶならネオヴァンドーム、差し向きならフミノイマージンと絞り込んで、後半のラップが締まるという読みからフミノ本命にしました。ダークシャドウを低く見積もった分リターンは少なめになりましたが、馬単でしとめることができました。ふー。いやいや、収支も大事ですねw

レース後のインタビュー。鞍上のうっすらとした涙。再び手が戻るまでの時間は長かったでしょうか。乗り替わりの事情は伝わってきていませんが、たった今いい仕事をしたことは伝わってきました。でもなー、「思い入れのあるレースだったんじゃないですか」というインタビュアーの振り。その字面だと「札幌は初めてなので」と返してしまいますよね。「手が戻って期するところはあったのでは?」という聞きたいことは明らかなのに、それを引き出せなかったインタビュアーの失策。とてももったいなかったです。


ヒルノダムール。

軽快に見せたウマなりでの追い切り。悪くはない仕上がりと見ていましたので、ダークシャドウを捉えられなかったのはちょっと心象がよろしくなく。天皇賞のパフォーマンスから比べれば上々、なのでしょうが、秋のG1となると。。。 このあとのローテーションはどうなるでしょう。ちょっと手探り感が増したように思います。勝手な妄想ですが、コックスプレートとかメルボルンCとか。見てみたいですけどねー。


ハナズゴール。

1コーナー付近でインにはいってからは、田辺ならではの進め方だったように思います。4コーナーまで慌てませんでしたねー。初の古馬との手合わせ。セックスアロウワンスを差し引いても、最後の伸び脚からして距離への目処は立ったのではないでしょうか。問題は京都内回りというロケーションと、2冠馬の存在になりますね。


ダークシャドウ。

前々で運ぶとは思いませんでした。これは鞍上の好判断だとみています。これまで通り中団から運んでいたら、ハナズゴールのような展開に陥っていた可能性を感じています。前捌きの固さからして、控えていてもいつもの切れ味を引き出せたかはちょっと疑わしく。馬なり中心の調整過程からすると夏負け気味だったかもしれません。このあたりのマイナス要因を鞍上の先行策がフォローした形だと理解しています。レース後が順調なら、前向きに秋のG1を迎えられるのではないでしょうか。天皇賞へ直行かな。期待値が増しております。


なにより福永の変化。

アメリカ遠征からのスポット参戦。日曜のレースをざっとレビューしていったのですが、どうやら向こうで得た感覚を試しているように見えました。いつもより前へポジショニングすること、そのためにスタートを意識してだすこと。アナスタシアブルー、セレブリティ、そしてダークシャドウ。負荷を少なくかつ有利なポジションを確保する新たな模索を見て取れたと、超ポジティヴに解釈しているところです。前で受ける福永かー。

いい印象に至っている理由のひとつは最終のアドマイヤセプター。内枠から好スタートを決めて先行する意思を示しつつ、200m行かないタイミングですっと控えました。前半のラップは、6.9-11.3-11.5。ペースを見極めて控える姿は、単に先行策を試すだけでない冷静さが窺えるポイントと思っています。

スタートが決まっているんですよね。最初の1歩をだす際の重心移動や手綱の持ち方など、遠征前との違って見えました。ダークシャドウのスタートも拳を引かずに上げることで無理なく首を使わせていたような。道中の膝の使い方といい、ちょっとずつですが以前と違う気がしています。誰か解説してくれないかなーw


ロジユニヴァース。

追い切りの動き。直線に向いてから加速するまで、そして加速の度合いから、これまでの筋力が戻るところまでも達していない認識でした。というより、よくここまで立ち直ったというところなのでしょう。レースぶりを見る限り、今後の立て直しは。。。 不良馬場のダービーはかくも厳しいものだったのでしょうか。昨今の種牡馬事情もあるでしょうが、引き際、になってもおかしくはないと思っています。



最後に。

アクシオンがこの札幌記念で引退。これでサンデーサイレンス直仔の競走馬登録がゼロになるそうです。くしくも今日はサンデーの命日。象徴的な区切りとなりました。複数の雑誌でサンデーを振り返る記事を目にしています。まだ見出しだけの雑誌もありますので、時間を作って読まないといけないなー。そろそろサンデーのインブリードも見かけるようになりましたし。時代は移っていきますね。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/571-5f0ade24