2012.08.26


ローマンレジェンド、5連勝で重賞制覇。

4コーナーからは見ごたえがありましたねー。戦前から上位人気で仕方ない空気が漂うメンバーでしたが、岩田が捲り上げる瞬間から、予想を脇においてテンションが上がっておりました。やはりマッチレースは端的に訴えかけるものがありますね。

展開のポイントは哲三Jのペース判断だと思っていました。内からエーシンモアオバーが主張するはずですので、1コーナーまでにどのくらい追いかけるのか。楽に番手につけられるなら、ペースに蓋をしてレースのイニシアチブを取れるだろうと読んでいました。そうなったとしても岩田の積極的な仕掛けとローマンのスタミナが上回るかなー、というのが事前の見立てでした。

その1コーナーまでの哲三Jの所作。まぁまぁのスタートから被せるように3番手へ。1コーナー手前で一度見やってからローマンの前にはいっていきました。コーナーワークを利してぐっとシフトダウン。ローマンに蓋をした格好になりましたね。まさに「エスポ君が蹴り上げる砂を食らえ」的なシチュエーション。哲三さん、しっかりやってましたw いやいや、信頼できるとはこういう所作ですよw


レースラップです。
6.6-11.0-12.1-12.2-12.0-12.0-12.3-11.6-12.4。

逃げ馬と先行できるエスポワールの好調は追い切り映像で確認していましたので、ラップは比較的締まると読んでいました。実際、緩むところがありませんでしたね。仮にどこかで緩んだならその分仕掛けが早くなるはずですしね。結果的に、実力と仕上げがはっきりでた着差になったと受け取っています。


エスポワールシチー。

直線は斤量の差、でいいでしょう。抑えずに前でペースを受けた分、ラストのひと踏ん張りが利かなかったと思っています。斤量の分、全体的にラップを上げて急加速を求めないのも戦略のうち。悔しいなりに納得の2着だったのではないでしょうか。


サイレントメロディ。

追い切り映像を見た限り、疲れが残っていたかな、微妙に動きが固い印象でした。上位3頭扱いされていましたが、当日のプラス体重とパドックの様子で評価を下げました。その分追い切りのよかったヤマニンの評価を上げてしまったのがいけませんでしたねw


ヤマニンキングリー。

勝ったシリウスSは中間に13秒台が3つ並ぶ緩んだラップ。あふれるスタミナではなく終いの切れの鮮やかさが特徴ですから、それをどこで活かすか、今回乗り替わりの鞍上にはそのひと工夫が求められる、はずではなかったかなw 自分は3着だったグランドシチー、まで極端でなくても、ハイラップを外していつもより下がり目で競馬すると読んでしまいました。

エスポワールよりローマンよりスタミナで上回れる判断がなければ、1コーナーでエーシンの直後、2番手につけるという進め方にはならないと思うのですが、違うかな。4コーナーで落鉄というコメントがありましたが、着順を下げたのはもうひとつ、1コーナーまでのポジショニングだったと理解しています。



最後に。

週中に、帝王賞馬ゴルトブリッツの悲報。因果関係のない事象でも、秋の主役を失った無念はどうしてもこのレース結果を頼もしく見せてしまいます。外野は身勝手な期待をしちゃいますね。くしくも同じスペシャルウィーク産駒。このまま無事に仁川の舞台へ。ゴリさんの分も、期待しています。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/573-7cda198d