2012.09.10


日本レコード、驚きでした。

競馬ブックの記事で中山がエクイターフを採り入れているのは了解していましたが、それにしても速かったですねー。そのひとつ前のレース、セプテンバーSでもトロットスターのレコードをコンマ1秒短縮。中山で1分6秒台が見られるとは。。。 しかも勝ったニシノステディーは外差し、逃げたシルクヴェッジがそれから1馬身差でまとめる展開。開幕週にありがちな内枠先行馬とは少々趣も異なっているように見えました。4角ではブルームーンピサの完勝かと思ったんですけどね。

出走馬のレベルが拮抗するなり中盤が少しでも緩むなりすれば、やはり内枠先行馬には有利に働きやすいのでしょう。同じ差し脚なら距離ロスが少ない方が有利ですものね。はい、スマイルジャックよりネオサクセスを買っていたひとが物申しておりますよーw


レオアクティブの勝因。クッション性の高い馬場と軽快な切れ味、そして内々にこだわった鞍上。すべてきれいに噛み合ったのだと理解しています。なんといいますか、新潟で見せた適性をそのまま持ち込んだような印象で。今回「コース適性」の違いで嫌気された方もいたんじゃないでしょうか。コース形態が全然違いますが、意外とリンクするときもあるみたいですね。

レースラップです。
12.2-10.9-10.9-11.1-11.1-11.2-11.5-11.8。

中盤が22.2。びっしり締まりました。これはとにもかくにもゼロスですね。レース後の鞍上のコメントは馬に行こう行こうという気持ちが強かった、というもの。速い馬場=止まらない馬場、と考えたのか、鞍上も軽快に逃がしていましたね。結果前傾ラップのように見えつつ、上がりもまとまって見えるラップ構成となりました。

面白いのはコスモセンサーの鞍上のコメント。特別速い流れだとはかんじなかった、平均的に速かった、というものでした。そうなんです、観ている自分もその感覚だったんですよね。フォームの見た目、は完全に主観ですのでそれを含んで読んでいただきたいのですが(個人の日記ですしねw)、各馬の追走するフォームにあまり無理を感じなかったんですよね(力んでスピードを出す、あるいはストライドを目いっぱい伸ばすなど)。ほぼ11秒フラットが続くペースの追走に無理がないとしたら馬場のクッション性の賜物かな、と邪推をしているところ。このあたりが根付いたエクイターフの特長と思っている次第でして。



エクイターフの件、自分なりですがちょっと整理しますね。

これまで野芝のクッション性は馬場が壊れる(=蹴って掘れる)ことで担保されてきたと思っています。その場合脚元の衝撃は緩和されますが、馬場を掘っている分スピードは鈍ります。エクイターフは根が網目状に張ることで馬場を壊さずにクッション性を担保することに成功しているため、根茎を蹴った際の反発力を推進力として利用しやすく、結果的に時計がでやすくなっているのではないかな、と考えています。

そうすると、この反発力を利用しやすいフィジカルとは何ぞや、という発想に至るわけですね。自分はストライドを伸ばして馬場を「叩く」ように走るフォームがマッチしやすそうだな、と認識をしています。トーセンジョーダンはまさにこのイメージですね。このあたりはまだまだ議論が重なってほしいところです。

ただ、エクイターフの根茎にも耐久性の限界はあるでしょう。いったん掘れる様になってしまえばこれまでの荒れ馬場と変わらないコンディションになると推察します。エクイターフはコンディションのよい時のタイムが速い分、荒れてからの平均タイムの落差も顕著になるかもしれません。

というわけで、よく見かける高速馬場=故障、という端的な図式はちょっと乱暴かな、と思っている次第です。むしろクッション性は高まっていますからね。故障リスクをいうなら、あくまで仮説的ですが、コンディションがよいことを各ジョッキーが最大限利用した時、カラダを使いすぎることによる疲労のほうが懸念点かなと思っています。疲労回復に時間がかかるとか、かしら。



レース回顧に戻りますー。

横山Jは馬場の速さを見越して、極力内々で構える戦略でいたのでしょう。あとは前が空けば。ただそれも単なる他力本願ではなく、前の馬たちが4コーナーで外に振られるように仕掛けることを予見しつつの最内キープだったんじゃないかな、と見ています。評価しすぎ?どうでしょうねーw

G1で通じるか。個人的には次走がレオアクティブの試金石だと思っています。どんなローテを取るでしょうね、楽しみです。


着順以上に評価したいのは、コスモセンサーとスピリタス、そしてネオサクセス。コスモセンサーは必ずしも仕上がり十分とは思っていませんでしたので、叩いて良化するなら次は期待できそう。スピリタスは鞍上の好騎乗もありますが、前走と同等、それ以上のパフォーマンスだった印象。ネオサクセスは出負け気味のスタートがすべて。ひそかに狙っていたんですけどね。東京なら前進があるでしょうか。



最後に。

昨日までのコースレコードホルダー、ゼンノエルシド。そのレースも京成杯AHでした。ユーワファルコンの爆走を好位追走から直線でぶっちぎるパフォーマンス。藤澤厩舎っぽいあふれるフィジカルが存分にはじけております。レースラップは以下の通り。ちなみにこのときは雨でした。

12.1-10.9-10.7-11.1-11.2-11.6-12.1-11.8。

今年のそれとラップ構成は近いでしょうか。ラスト1ハロンはほぼゼンノエルシドが出したラップです。同じ開幕週の馬場ですがこちらの方が迫力がありましたよ。ノスタルジーから来る贔屓目?いやいやw

その映像、2001年のレースなのでRACING VIEWERでは観られないのですが(2002年以降ならあります)、ニコ動にはUPされていましたので、是非。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/578-d8a199d6