2012.09.12

レース直後の第一声は「きもちわるっ!」でした。いや、すごいいい意味ですよw ゴール板のリプレイを観た後でツイートしましたが、さすがに「きもちわるっ!」は書きにくかったですけどね。エピセアロームのスピードもさることながら、鞍上。お見事でした。久しぶりにぞわっとさせていただきました。



マジンプロスパーが本命でした。カレンチャン、ロードカナロアよりも中間の調整が順調であること、鞍上、枠順、先行脚質。上位人気3頭では最もマイナスが少ない認識でした。…こういう絞り方の時は気を付けないといけないんですよねw

結果的に3頭のうち、最も内枠だったことがマジンプロスパーの主な敗因と捉えています。スタートを決めたカナロアの鞍上はいったんプッシュして内を牽制しました。プラス体重も少なからず影響したでしょうか、若干立ち上がりのスピードが遅かったカレンチャンがプッシュされながらカナロアに追いつく横で、前にはいられたら終わりというリスクを回避するために全力でプッシュし続ける浜中。プロスパーの競馬は先頭に立った時点でほぼ終了していましたね。安田厩舎2騎の立ち振る舞いが上回った格好です。「2頭の」作戦だったかもしれませんが、個人的には岩田の牽制が功を奏したのだと理解しています。ゴール直前までは、ですね。

レースラップです。
12.0-10.3-10.9-11.0-11.2-11.9。

いったんプッシュしてからググッと控えたカナロアは4コーナーで早めの進出。岩田が意識的に出し入れした結果は、11.0-11.2のラップを凌ぎ切って坂上で先頭に立つ理想的な展開。いけると思ったでしょうね。少なくとも自分はそう思いましたw その後ろで虎視眈々としていたとはw


エピセアローム。

改めてスタートを見るとカレンチャンよりスムーズにスタートしているんですね。そのまま出し入れせず、ニュートラルなまま3強の直後、それも馬場のいい内側のポジション。4コーナーまでロスなく流れに乗っていました。理想的な追走ですね。ハミも抜けていたようです。この誘導はもう鞍上のなせる業。リプレイを見て感動する始末ですよw

そういえばダイワメジャーもパワフルな先行から豊富なスタミナで押し切る競馬を勝ちパターンとしていました。北九州記念のような後半の切れがエピセアロームの特長として強くイメージされていたのですが、今回の好位追走もダイワメジャーをオーバーラップさせるとしっくりきますね。まぁ、開幕週の馬場を考慮してパワーとスタミナは割り引く必要はありますけどね。

ラストのひと押し。武豊は上体を伸ばし切るというよりはエピセアロームのリズムを見つけて首を押し込むような追い方。3着のアンシェルブルーが相当手綱のリズムを崩しながら追い込んでくるのとは対照的でした。「計ったような差し切り」。リーディングだったころの怖さはこの感じですね。前々で勝負あったと思った瞬間後方からかっとんでくる感覚。交わすかもという予感が目線をどうしてもそちらに向かせて、あとはゴール前通過まで緊張を強いられるわけです。最近競馬を始められた方、これぞ武豊の醍醐味です。で、先の第一声とあいなったわけですね。あーこわかったーw



レース後のトレーナーのコメント。「未来が開けたね」。きっと淡々としたニュアンスだったのでしょうが、こちらからすれば鞍上への素晴らしい賛辞と聞こえてしまいまして。3歳馬の将来性を引き出した騎乗ならしっかり評価されてほしいところ。仕事帰りの電車内でしたが、ちょっとジーンときてしまいました。

蛇足ですが、勝負服が勝負服ですしね、これでノーザンとの距離は名実ともにいい方向に向かうかもしれません。安田記念のパドックでそのオーナーとジョッキーの会釈のシーンがあり、その節はどうも、まぁまぁ、みたいな空気を勝手に感じまして、個人的には安心感を覚えておりました。当事者間でのわだかまりは騒ぐほどではないのかな、と。はい、信じるか信じないかはあなた次第ということでw



スプリンターズSに向けて。

カレンチャンは順調にステップを消化したといえるように思います。ロードカナロアは前半プッシュする競馬を試せたことが大きいでしょう。ただ、スタミナに全幅の信頼がおけるかというと微妙かな。マジンプロスパー、エピセアロームは中山の馬場がどのくらいの状態かによってかなり左右されそうな印象です。個人的にはアンシェルブルーが面白くなってきています。




最後に。

この週末、アクセスカウンターが珍しく上昇しておりまして。なにがあったのかな、と当人だけ置いて行かれている状況ですw 不快感を与えていなければよいなと思いつつ、相変わらずなペースでやっていくスタンスは変わりませんので何卒ご容赦くださいませ。そして、ついでのお願い事。記事がなにかの足しになるようでしたら、過去記事、新着を問わず、拍手をお願いできればと思っています。1つ2つポチッとされていますと、結構励みになっていたりします。面倒な記事ばかりかもしれませんが、引き続きご愛顧いただけると幸いです。マイペースで書いていきますね。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/579-db6fa52f