2012.09.23


ゴールドシップ、強かったですね。

RACING VIEWERで日中のレース映像を観ながら予想の補正をしていたのですが、個人的なポイントは先行馬の鞍上の思惑だったかなと思っています。結果的にはゴールドシップの強さを際立たせるペースになりました。

レースラップです。
12.6-10.7-12.7-12.4-12.3-12.5-12.6-12.0-11.6-11.7-11.6-12.5。

阪神の雨は午後には落ち着いていたようですが、馬場状態は読みにくかったですね。というと言い訳に聞こえますねw 前半のスローはイメージ通りでしたが、先行勢が後半5ハロンを使ってスパートするとは思っていませんでした。早めの仕掛けで粘り込める、差しにくい馬場状態と捉えていたのでしょうね。このあたり、こちらの認識と乗り手の認識と流れと、総てが一致した思惑の中でレースが進むとは限りませんから。難しいものです。

UPされている映像ではちょうど逃げたフミノポールスターの仕掛け初めのあたりで引きの画になってしまっていましたが、そのフミノが引き離し始めたことでメイショウカンパクも、その後ろのナムラビクター、ブレイズアトレイルもなだれ込むような早目の仕掛けになりました。

ヒントはひとつ前のレースにあった、かもしれません。ムーンライドハンデキャップのラップです。
12.6-11.5-11.7-11.9-11.8-12.4-12.2-12.1-12.0-12.3。

勝ったのはアドマイヤタイシでしたが、つっこみ気味の前傾ラップを2番手追走したエドノヤマトがそのまま2着に好走。1年以上前の函館以来勝ち星はないのですが、そのHBC杯も前傾ラップと極端に落ち込まない上がり。マンハッタンっぽさといえばよいでしょうかね。内回り外回りの違いはあるにせよ、この粘り込みを許容できる直線のコンディションなら先行馬が色気を出してもおかしくないかな、と読み解いています。


ゴールドシップ。

この流れを捲くるように早めに仕掛けて最後まで伸び切りました。追い切りの様子からは仕上がり途上だろうと見ていましたが、このメンバーではスタミナ量が一枚も二枚も上みたいですね。しかしスタートは以前と変わらず。休み明けの分むしろ鈍かったでしょうか。前目のポジションを取りに行くつもりだとしたら当てが外れた格好です。勝利ジョッキーインタビューの表情からも、京都の3000mに向けて微妙な課題が残ったと見ますが、さて。


ロードアクレイム。

ラジオNIKKEIのレースぶりで軽視してしまいました。鞍上も勝ち馬の真後ろで進めてきれいに権利を取った格好。ただ、このタフな流れだからこその2着のようにも見えました。前半スローな展開になった場合本番では切れ負けしそうな気配もあります。美人だったお母さんも京都では良積を挙げられませんでしたが、どうなるでしょうね。そういえばトゥザヴィクトリーのエリ女で本命だったという記憶。なつかしいー。

閑話休題。べっぴんさんは変わらずでした。
レディパステルを訪ねて~ケイアイファーム | 名馬を訪ねて | 馬産地コラム | 競走馬のふるさと案内所


マウントシャスタ。

展開のイメージはローズキングダムのそれでしたので一番嵌まるのはマウントシャスタの切れ味かな、と思ってしまいました。早めにゴールドシップに来られる流れ、直線狭くなる場面含め、展開なりに鞍上は最善の判断をしたと見ています。4コーナーギリギリまで外に張っておいて内に進路を切ったハンドリング。ゴールドシップの距離ロスは少なからず発生しましたしね。勝負に行ったなりの3着と理解しています。

しかし、今日の走りを観る限り、いやレース前からですね、淀の3000mは向かないイメージがより強くなりました。3歳馬同士という点を重視する可能性もありますが、適性を探ってほしいなと思っています。京都1600mとか面白そうですが、このローテだと馬が戸惑うかな。


菊花賞に向けて。

ゴールドシップが上昇カーブを描けるかでずいぶん変わりそうなイメージです。連対という点では両トライアル上位とベールドインパクトの巻き返し、フェデラルホールまで考慮しておこうかなーと思っています。

しかし、ステイゴールド産駒は確変はいっていますねぇ。両トライアル、九十九里特別までステイゴールドですからね。先ほど確認したところ、お父さん自身は菊花賞8着。出走していたイメージが薄いのですが、マチカネフクキタルの年ですから激スローの上がり勝負に屈した格好。今年のペースはどうなりますかね。

いまいまは京都の馬場状態がわかりませんしね。少しずつイメージを重ねていくつもりです。



最後に。

東京は日中ずっと雨が降っていました。中山の馬場はもっと惨かったですね。特にダートは水が浮いていました。最終のダート1200mは馬場状態も難しくデルマダイコク以外に絞りにくかったのですが、ここで新サービスが光りました。RACING VIEWERで始まったパドック映像の配信。これでゲーリックストームを一本釣りw うまく嵌まってくれました。

先の神戸新聞杯とオールカマーをマイネルキッツで冒険した分、傷口が深かっただけにねw なんとか巻き返すことが出来てよかったです。パドック映像観ただけでわかるのかって?現地にいけばパドック派ですからねーw 運は大事ですよーw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/585-ece053c2