2012.10.08


ソレミア Solemia、オルフェーヴルを捉えました。

伏兵としても名前が挙がっていなかったように思います。自分は牝馬戦線で善戦している、という認識があるくらいでした。今年の勝利はサンクルーで行われたG2コリーダ賞のみ。昨年の凱旋門賞2着シャレータ Sharetaをハナ差抑えての勝利ですね。「Prix Corrida」「Solemia」で検索すると、凱旋門賞の結果を伝えるニュース記事が真っ先に引っかかってきました。レース映像を探したのですが、見当たらず。。。なかなか難儀するものです。

ちなみにそのいくつかのニュース記事、タイトルにupsetやlongshotの文字が散見されました。対比的にオルフェーヴルの評価が窺える様で、誇らしいやら、なんとも、なんとも。コリーダ賞のニュース記事もシャレータに対してunluckyという表現を用いていますから、現地でもソレミアの評価は上げにくかったと推察しています。


そのソレミアはスタートから終始先行。当日のロンシャンは相当重馬場でしたが(フォルスストレートの芝の飛び方はすごかったですね)馬場のよいところを探りながらだったのでしょう、微妙に内外を切り替えながらの追走と見えました。直線に向いてからはひと呼吸ふた呼吸待って、残り300mから追い出し。オルフェーヴルが前を横切った後は、それを目標にストライドを伸ばした格好でした。

直線を向いて、ソレミアの鞍上は何度か外を伺う仕草を見せています。もちろん他馬への警戒であるのでしょうが、自分にはそれが、オルフェーヴルを待っているように見えました。まぁ、日本馬びいき目線ですよねw ただ、オリビエ・ペリエがオルフェーヴルの特徴と能力を妥当に評価できていたとしたら。加速力に最も秀でていること、そしてあの重馬場では最後にスタミナの底を見せるかもしれないこと。このあたりを冷静に計りながら、残り1ハロンの目標を定めようとしていたなら。

オリビエはかの地では珍しい「逃げ」を日本で戦略として吸収しエリシオの凱旋門賞に結びつけたと記憶しています。日本のチャンピオンは、誰よりも日本競馬に順応し結果を残したフランス人ジョッキーの経験に負けたのかもしれません。

…いまいま自室で探しあてました。タイトルは激しくアレなのですが、ペリエの書籍です。改めてページをめくるとエリシオの件はもちろん(だいたい記憶合ってました)、いろいろ有意義な指摘がありますね。カレーうどんが大好きとかw このキャラにやられたのかーw
野望ありマス



オルフェーヴル、惜敗。

残り300mを待たず、オルフェーヴルの加速が始まった時点でほぼ勝利を確信していました。ええ、声も出ましたよw あの加速をロンシャンの大舞台で披露できたことは、日本競馬の存在を十分示したといえるように思います。きっと、すごい、と感じてくれたでしょう。

内へ寄れていったあたりから、結果がでればご愛嬌という処理をされるのかなとか、ぼんやり脳裏によぎりながら見守っていました。ペリエの前傾した豪快なアクションと、必死に体勢を補正しながらのスミヨン。ファーブル厩舎の先輩後輩のフォームは対照的でした。クビだけ、差されてしまいましたね。

鞍上のリードに落ち度はないでしょう。少しだけ仕掛けを遅らせていれば、というのは、状況を遡れる立場だからこそ紡げる言葉と思っています。フォワ賞からこちら、クリストフでなければあの展開を生み出すことはできなかったでしょうから。むしろその騎乗と言葉で、オルフェーヴルの強さをアピールしてくれたことを感謝する気持ちが先に立っています。よくぞ引き受けてくれました。ラスト1ハロンの所作は、日本競馬の課題と捉えるべきかと思っています。

アヴェンティーノは逃げられなかったのでしょうね。途中からプラン変更したのか、オルフェーヴルの位置を確認しながら、フォルスストレートに向けて外へ張り出していきました。逸走対策。念には念を入れ、でしょう。結果的にアヴェンティーノがいなくても大丈夫だったと思いますが、最後の最後まですばらしいアシストでした。特別賞の受賞は確定ということで、お願いいたしますw

池江先生のコメント。自らの技術うんぬんは客観的な分析でもあるでしょうが、自ら責を負うための発信と受け止めています。厩舎の機能が相対化されていく時勢にあって、少し頼もしさを覚える件でした。



レース後しばらくして、歴史の堆積を思うと悔しさがこみ上げてきました。たぶん変わった感じ入り方でしょうね。当事者でもないのに。資産とプライドを懸けて繰り返し挑むものの意義を上気したまま考えていました。

東京は当日の夜、半月がくっきり見えていたのですが、思いを巡らせながらぼうっと見上げたあの質感はしばらく心の内に残ってしまいそうです。普段は月がでていることに気が付くことの方が少ないのにね。個人的な心象です。


悔しい。でもこれで最後ではないでしょう。再び日本馬が挑戦する機会を待ちたいと思っています。

まずは無事に。ナイストライでした。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/594-65eac5a4