2012.10.12


カレンブラックヒル、想像以上でした。

追い切りの映像を観る限りは、トーセンレーヴだったんですよね。元々ものすごい前のめりな気性ではありますが、ひと夏越してのパワーアップを確認していましたので。うなっていたんですけどね。対して勝ったカレンブラックヒルはそこそこの見栄えながら上がりのタイムをきれいにまとめてきた、という印象でした。順調に休み明け、という表現で伝わるでしょうか。

ただ、パドックでかなり評価を下げてしまいました。肩の出方、腰回りの柔軟性がちょっとぎこちなく映っていまして。能力がある分追い切りタイムがまとまっただけかな、と自分の見立ては悪い方悪い方へ。。。

事前の検討では、NHKマイルのラップタイムに比重を置いていました。
12.1-11.0-12.0-12.2-12.6-11.6-11.3-11.7。

ポイントは2ハロン目から3ハロン目の減速と5ハロン目から6ハロン目(4コーナーから直線入口)の加速。どちらも1秒の差です。こうした急な加減速を柔らかいフットワークで軽快にこなすタイプなのかな、というイメージをつくっていました。ラストが0.4の失速に留まったのも、逃げることで柔軟にラップメイキングできたことが中盤でのスタミナのロスを最小限に抑えたのかなと。馬場の恩恵もあるでしょうね。

※そういえば京都馬主会のブログでエクイターフによる高速馬場を指して「トランポリン馬場」という表現をされていました。ざっくりですが言い得て妙、と納得しています。響きもキャッチですね。余談でした。

鞍上の胆力込みのG1制覇。それは父ダイワメジャーにも同様のイメージを持っていまして。先行策で主導権を握るアンカツ、ですね。カレンの鞍上への不信はなくむしろ今後とも不可欠な存在と思っているのですが、鞍上の知略を上回る相手強化やシルポートの存在、そして休み明けの調子。今回は危険な材料の方が揃っているのではないか、と考えてしまったわけです。


レースラップです。
12.7-10.8-11.0-11.5-11.8-11.8-11.5-11.7-12.2。

前半3ハロン目を突っ込み気味ではいり、平均的に早いラップ構成。加減速が少なく息の入りにくい展開だったことが読み取れます。グランプリボスが果敢に行った分のハイペースでしょうね。そして突っ込んだペースの割にラスト1ハロンの失速幅が低い。このスタミナの底というか、息の長い脚がカレンの特徴でしょう。

参考までに2006年毎日王冠、勝ったダイワメジャーのタイムです。そういえば父仔制覇ですね。
12.5-10.9-11.3-12.0-12.1-12.1-11.3-11.0-12.3

こちらは充実の5歳秋、このあとG1連勝しますのでね。登坂しながら11.0、それもダンスインザムードに体当たりをくらいつつの最速ラップ。さらに1秒以上ラップを落とすラスト1ハロンながらダンスインザムードを差しかえしての勝利。いやー、この粘り腰に何度夢を打ち砕かれたことかw

ひと夏越して、父の充実っぷりに近づきつつあるのかもしれません。ただ、今回万全の仕上がりでなかったという見立てはレース後も変わらずです。あの出来で勝つのだから相当だな、といい意味で評価しているところですね。フェノーメノ、トーセンジョーダンなどとの対決、楽しみになってきました。


ダノンシャーク。

内からきれいに差し込んできたのですが、結果的にカレンをアシストをする格好に。内から馬体を合わせたことでカレンの粘り込むパワーが増したように見えております。今年は金杯、マイラーズカップ、エプソムカップと重賞2着が3回。東京、京都に良績集中はディープインパクト産駒の顕著な傾向と見てよさそうですが、どうでしょうね。特に次走。富士Sで展開が向くかというと。。。


グランプリボス。

軽快な先行。序盤から押しつけていったチャレンジは、少なからずプラスに働いたと思われます。ただ、距離はもう1、2ハロン短いほうがよいのかな。次走スワンSを選択したら予言的中ということでw


エイシンフラッシュ。

相変わらず彫刻のような馬体。引き締まっていて柔らかさのある細身の筋肉、黒光りする質感は是非ナマでw ベストターンドアウトを決めるなら、という感じなのですが、ちょっと適性面で悩ましい戦歴を積み重ねています。スローの府中2400m以外に適性がある舞台はどこでしょうね。若干迷走気味になりそうな気もしています。個人的な妄想ではドバイのタペタを味方にできるのではないか、と思っていますが、さて。


最後に。

「次も馬の力を信じて、能力を全部出せる騎乗をしたい」。鞍上秋山のコメント記事に頼もしさを覚えています。相手が強化されていく中、緩急の付いたラップよりスタミナをフルに使う内容に持ち込んだほうが、勝機は増すと思われます。父ダイワメジャーを買い損ねた自分が、カレンの特性とどう向き合うか。個人的な歴史の堆積との勝負ですね。すごいウラはいりそうw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/595-302e2194