2008.01.08
2007年の年度代表馬が決定しました。

ほぼ予想通りの、アドマイヤムーン。
年間トータルの成績を考えれば、妥当な結果と言えるでしょう。

…なーんか微妙なニュアンス出てますが(笑)
ウマに不満はないのです。宝塚記念のムーンはめちゃめちゃ強かったですし。

自分としてはタイミングですので、ファンをはじめた当初から
年度代表馬の選定方法に異議あり!なことを書いておきます。

---------------------------------------------------------------
年度代表馬は、
年齢、性別など各カテゴリーの最優秀馬(=年間を通した成績最上位のウマ)の中から
選定されています。
各カテゴリーの最優秀馬の選定方法に、大きな異論はありません。
プロの競馬記者がしっかり投票してくれれば問題ないと思います。
ポイントは、年度代表馬=年間の成績最優秀馬、という図式が成立している点です。


「年度を代表」するウマは、後々、その年のけいばを象徴的に語ることができるか、という
基準で選定されないものかと考えています。
語り草、というやつですね。
ですから、例えば話題の中心、予想の中心にいたことも考慮するポイントになります。

当然、ファンもマスコミも意見は割れるでしょう(笑)
むしろ、意見が割れてほしいのです。

ファンも巻き込んで、個々人の印象の差を多数決へ重ねていく。
そうした決め方が実現すれば面白いと感じています。
意外な結論がでる年もあるでしょうね。
もちろん、ディープインパクトのように印象も実績も文句なし!な年もありますが。

それこそ公正に、印象が反映する投票の仕組みが欲しいものです。
(不正な大量投票をどう防ぐか、なんていう議論がでそうですね)
---------------------------------------------------------------

2007年、個人的な年度代表馬はウオッカです。

64年ぶりの牝馬(おんなのこ)によるダービー制覇。
二つのG1を1番人気で迎えたこと(特に宝塚記念)。
有馬記念でのファン投票1位。

今年、1度も1番人気にならず、
(関係者は不本意でしょうが)馬主の動向が先行して話題になってしまったムーンを
「年度代表」には、どうしても推しづらく。

なにより「2007年?ウオッカがダービーを取った年か!」と語りたいわけです。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/6-968a5f01