2008.08.05
…ちょっと見直さなければいけないような気がしてきています。


じゃあ今までは何だったのかw
なめてかかっていたわけではありませんよ。

昨年の時点では、リーディングを張るには
ムラやポカが多い印象だったのです。

さらに自分のケイバを分析し説明することが得意ではない面も
よい印象ではありませんでした。
ウオッカの末脚に「バキューン」ってなんだよw
みたいな。

ただ、最もレース中のミスが少なく、自己分析に長け、
自分の言葉で語ることに慣れた武豊が
リーディングであり続ける時代しかリアルタイムでは知らないわけで。
こちらはそれに慣れているところが大いにあるわけです。



…今週の小倉。土曜の9R、高千穂特別。
スマートギアの岩田は最内枠からのスタートで
最後方に控えました。

その道中のフォームの自然なこと。
これまでは上体が不用意にぶれているイメージがありましたが
全くその印象はありませんでした。

また、追い出しの動作も、以前は急に手綱を動かし腰を入れて加速を促し、
ウマがそのアクションに応えるまで(=ギアが上がりきるまで)
かえって時間がかかっていた印象でした。
しかし、このレースでは、仕掛ける腕のアクションは大きくても
軽いハミあたりからじわりと促す、いい間があったように見えました。

4コーナーをぶん回さなければw
もっときわどい勝負になったと思います。

なお、以前の自分のイメージは、今年のきさらぎ賞(ダイシンプランで4着)が
割と典型的な感じです。どちらもJRAのHPで映像が上がっていますので
比較してみてください。
*ダイシンプランは5着でした。失礼しました。

日曜メインの小倉記念もそう。
ミヤビランべりでの逃げも、道中、無駄のないフォームに見えました。



ひょっとしたら岩田は、新しい感覚を手に入れている最中なのかもしれません。
現状は、得手不得手の傾向がはっきりでているはずなので
そのイメージを少し煮詰めつつ
今年後半の変化を楽しめるとよいのかな、と思っています。

変化ないかも?お願いしますよ~。



さて、最後にひとつ。このブログでのジョッキーへのコメントについて。
この記事に限らず、多分に尊大な書き方になっておりますが
あくまで最大限の敬意を払いつつ、楽しむ範囲をわきまえた上で
あえて普段の自分の評価・印象をそのまま表現しています。

土日に新聞見ながら「いや、彼にもいろいろあるんでしょう」なんて
丁寧にやることのほうが、リアルではないですからw

当人を誹謗中傷する意図はもちろんありませんので
あしからず、です。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/60-91c0b16e