2012.10.21


ゴールドシップ、磐石の2冠でした。

鞍上が早々に腹を決めて、いったん最後方に下げましたね。あぁ磐石だなーと思って観ていました。最内枠にはいったことで内に包まれて出られない展開をイメージし、土曜は穴馬探しに奔走していました。でもねぇ、改めてスタミナというか息の長さが段違いと見立ててからは、待機策からのロングスパートが決まるイメージが先に立ちました。そのまま本命は皐月賞馬に。

JRA発表のコーナー通過順がそのまま2冠馬の特長ですね。まさか4コーナーで先頭に取り付く勢いになるとは思いませんでしたが。圧巻のロングスパートでした。

レースラップです。
13.0-11.9-12.2-12.2-11.6-11.6-12.6-12.5-12.3-12.2-12.5-12.2-11.9-11.8-12.4。


ビービージャパン。

おそらくというか、かなりスタミナに不安がありました。が、鞍上がどんな逃げ方をするのか期待感が昂じての複勝買い。ゴールドシップが仕掛けるまではかなり夢を見ていましたw 外に張り出しながらの1週目の3コーナー。1、2コーナーで1秒のシフトダウン。でも2週目の向こう正面からは追っ付け続けの手ごたえw

おそらくですがトリップが早々に2番手につけたことで、プラン通りの逃げではなくなっていたでしょうね。結果的に上位勢の強さを引き立てるラビットの役割になったと見ています。でもねぇ、2ハロン目で11秒台前半を出さなかったこと、道中13秒台も作らなかったこと、武幸四郎のラップメイクは非常に意欲的だったと思っています。ギリギリまで鞍下の可能性を希求する姿勢と受け取りました。マウントシャスタとゴールドシップに捕まった4コーナー。個人的には清々しかったですw ええ負け惜しみとでもなんとでもw


スカイディグニティ。

当初はブライアンズタイム産駒の切れ味に物足りなさを覚えていましたが、ロングスパート勝負ならセントライト記念の内容から前向きに捉えてもよいかと脳内のイメージを切り替えました。パドック映像に見たカラダつきは、いやいや、BTっぽかったですね。

鞍上は4コーナーで右肩を脱臼していたとのこと。だって直線右ムチうっていたじゃないw 興奮していたにしても、恐るべし集中力といいますかプロ根性といいますか。パトロールで確認しましたが、原因は3コーナー、ひとつ内のニューダイナスティとの接触と思われます。結果的に挟まれた浜中には厳しい流れでしたが、今回はメンディザバルが右肩で2着を死守した、という理解でよいように思っています。



最後に。

2冠馬の今後。おそらくはJCないし有馬で古馬との対決になるのでしょうが、馬群の中で俊敏に反応することができていないこれまでのレースぶりで果たして通用するでしょうか。今回くらいの仕上げと反応でようやく戦えるかな、くらいのイメージでいます。JCよりは有馬記念でのロングスパート、かな。いずれにしても評価が分かれる予感がしています。それはそれで面白くなるのかな。

同期の有力馬に戦線離脱が多い上、牝馬路線には3冠馬がいますからね。芦毛の2冠馬にかかる期待はあると思っています。古馬混合G1の結果ひとつで世代間の強弱を語り尽くせはしないでしょうが、キャッチな会話の楽しい側面は否定できるものでもなく。「今年の3歳は…」という枕詞で今秋もわくわくしたいと思っています。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/601-05884235