2012.10.28


先ほどまで過去の天皇賞を映像で振り返っていました。

2006年、ダイワメジャーの天皇賞はうろ覚えになっていた分けっこう新鮮でした。インティライミの意欲的な逃げはラップタイムに表れています。前半3、4ハロン目を緩めずに縦長のリードをつくり、3~4コーナーで緩めて直線で再加速するウェイヴ感のあるラップメイク。これを2番手追走で押し切っていますからね。ラスト1ハロンの粘りも秀逸。フィジカルとともにレース巧者ぶりも目に付きます。いやー、この特徴をリアルタイムでは評価できなかったんですよね。それが奏功してか翌2007年はメイショウサムソンを本命にしているのですが、予想過程でだいぶダイワメジャーの存在に苦しんだことを思い出しています。


カレンブラックヒルが単勝1番人気。おそらく当日もこのままでしょう。無敗のままNHKマイルカップ制覇、そして毎日王冠の結果が押し上げているものと理解しています。外枠に入った瞬間、アタマはないと直感してはいます。一度も2000mを走ったことがない実績で1番人気とは、という冷静さもあるんですよ。でもここに来て父ダイワメジャーという記号にじわじわと謎のアラートを感じ始めています。困ったもんだw

チャレンジャーとして。「2000mは大丈夫でも相手が古馬の一線級だから」という前置きでのトレーナーのコメント。同時に、春に比べて精神的にどっしりしてきた点をプラスと捉えていました。というかトレーナーもジョッキーもインタビューの表情が終始ほんわりしてましてw 精神的にどっしりしてるのは人間側じゃないかというw あー、適度なほんわり感がいい意味でウマに伝播してると解釈できるかもしれないですね。


フェノーメノ。

木曜に枠順と追い切り映像を観た時点でほぼ本命にすることが固まっています。3歳馬というフィルターに依らず最上位で評価できると思っています。が、先に書いたトラウマみたいなアレがね。なまじキャリアがあるとアレですねw

青葉賞の上がり、ダービーの粘り、セントライトの先行押し切り。末脚の使い方にウィークポイントが少ない認識でおりまして。多少懸念があるとすれば、先行した際に他の有力馬の目標になる可能性と、考えすぎたシルポートのペース、あとは雨でしょうか。馬連、馬単の1番人気はこちら。諸々はちゃんと評価されている、ということなのでしょうね。トレーナーは「覚醒」と表現されていましたが、実績もフィジカルも上昇カーブを描いている最中。結果が伴うことで、しっかり評価できたという快感を味わいたいですね。

3歳で秋の盾を制した例はグレード制導入後2頭のみ。鞍上と枠がバブルガムフェローと同じなのは因果とも偶然とも。歴史の堆積をよい意味でとるならこちらだと思っています。


ダークシャドウ。

札幌記念の追い切りと今回の動きを見比べてみました。コースの違いはありますが、やはり今回の方が調子がよさそう。重心低く加速できていました。先行も控える展開も可能でしょうから、変に内過ぎない枠もかえってわるくない印象です。

発売されたばかりの優駿で「岡部幸雄×福永祐一」という対談が掲載されています。福永のアメリカ遠征が話題の中心でした。札幌記念時の騎乗について丁寧に説明されていまして、その件は特に興味深く拝見しました。その時感じた騎乗スタイルの変化を細かく裏づけしてもらうような内容でしたね。いつもより饒舌な岡部さんが見られますしw おすすめです。

トレーナーのインタビュー映像も拝見。春先はインタビューを受ける受けないが話題になっていましたが落ち着いたトーンで受け答えされていました。人となりをよく存じ上げない前提での判断ですが、マスコミ、SNSにあった当時の断罪モードはやっぱり過剰だったのでしょうね。札幌記念を使えたことで調子が上がってきたことは了解できました。

インタビューで気になったのは上着に見えた○NIQLOのロゴ。むむー。スポンサーシップ自体に抵抗感はないですし、競馬にその効果が期待されているなら積極的に評価すべきと思っています。が、あのロゴをだすこととインタビューを受ける判断がどのように同居しているのか。どのようにも受け取れる分ちょっと難しいなと。良し悪しではなく、馬を仕上げる職人というより厩舎マネジメントに比重をおくタイプのトレーナーさんかなという先入観ができています。柔軟に補正するつもりですけどね。


その他、追い切りでよく見えたのは、ナカヤマナイト、アーネストリー、ジャスタウェイ。でもそれぞれにエクスキューズが必要ですからね。これにトレーナーの反応が微妙なルーラーシップとまぁまぁ寒くなってきた分トゥザグローリーを加えて、買い目の絞り込みをしようと目論んでいます。



…シルポートがひと工夫してくるはずで、毎日王冠のようなハイペースではない気がしているんですよね。外からスムーズにそのペースにのるなら。あー、また脳裏で始まったw 直前まで悩まされそうですw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/604-88447ae0