2012.11.04


コレクターアイテム、内からスパッと抜けてきました。

午後から府中におりました。陽が翳るとさすがに寒さを感じましたが、日中は秋の陽気。いい天気でしたね。新設重賞を気持ちよく観戦できました。…一瞬だけ脱線。ようき、と打って変換候補に「妖気」が先に出るのはIMEのデフォルトだと思われますw

2歳馬という前提でパドックを確認。なんといいますか、成長途上ですからね。パドックでの見栄えや仕草が結果に直結しにくい先入観をもっていまして。ここのところは、そのだまされないぞ的先入観と今後楽しみな馬がいるかなという期待感をバランスしながら眺めるようにしています。

アユサンのバランス。よしあしではなく馬体のボリュームに対して蹄がコンパクトな印象でした。接地時の力の分散という意味では…とごにょごにょ考えながらみていたのですが、接地面積だけでなく蹄機の伸縮など他にもファクターがありそうなので、全体のバランスで判断する視点を切り替え。ディープインパクトっぽい柔らかさは好感でした。だいぶ甘えながら周回していましたが2戦目ですからね、これはこれだろうと。変にテンションが上がっていないことをプラスと捉えました。

あとはコレクターアイテム、テンシンランマン。どちらも仕上がりよく、ストレス少な目で集中してしゃきしゃき周回を重ねていました。パドックの印象と新馬のパフォーマンスの見立てを加味して、この3頭に絞りました。

コレクターアイテムは前走の追い込みが怒涛感満載でしたから、外す選択はないなと。あとは馬場を考慮して先行脚質の有利をどのくらいに測るか。ひとつ前の奥多摩Sでサクラゴスペルが逃げ切ったのを確認した結果、ちょっと先行を重めに見積ろうと思っちゃったんですよね。先行実績を加味するとこれかなーと少し消極的ながらテンシンランマンを中心に据えました。買い方は馬連BOX。先に挙げた2頭の末脚がこわい分の調整ですね。ひよるとも言いますかw あ、ひよるはひ弱な意味の方ですね。



レースラップはこうでした。
12.5-10.5-11.5-12.1-12.3-11.6-11.6-11.7。

テンシンランマン。

向こう正面でくしゃくしゃになっていましたね。この前半でほぼ終了してしまった格好でした。天真爛漫さがでてしまった、と評するときれいに響くかもしれません。うまく言った感ですねw 言い回しはともかくパドックの見立てを反省することは少ないかな。もう1走観てから評価をまとめるでよいと思っています。

アユサン。

いい切れ味でした。結果2着でしたが直線向いてからの加速力はお見事。あのまま突き抜けたら凱旋門賞のオルフェーヴルの構図ですが、内から勝ちウマに併せられてしまいましたしね。レース直後から是非暮れの阪神で観たいと思わせてくれております。グレードのない重賞2着は本賞金加算されるんでしたっけ。加算であればG1に向かうための価値ある2着だと思っています。

コレクターアイテム。

パドックでは、最内枠でなければ本命でいいと思っていました。府中の最内枠の浜中、捌けるイメージを持ちにくかったんですよね。テンシンランマンに予想が傾いた要因のひとつですが、いやいやどうして、甘く見ていたようです。

3コーナーまではトーセンレディあたりに進路をけん制されているように見えましたが、3、4コーナーで浜中がしっかり待ちましたね。この溜めが4コーナーでスムーズにシフトアップするための前方の余地をつくることにつながったと見ています。戦略的にそうしたなら目を見張るばかりですが…自覚的であってほしいなーw 馬の方は実に息長く脚を使ったように見ています。内から抜け出してくるまでにずいぶん脚を使っていますのでね。エクイターフで弾んだ分を差し引く必要はあるにせよ、こちらもG1が楽しみなパフォーマンスでした。



京都メイン、京洛Sについても少し。

枠順を見た瞬間にサドンストームと思いました。いやだから自慢じゃなくてホントにw 仕上がり次第だとは思っていましたが、内でくしゃっとならず、外を回され過ぎず、好位から中団あたりで進めるなら直線の進路取りに選択の余地が増す、いい枠に入ったと思っていたんですよ。果たしてその通りの結果になりましたからね、経験のなせる業とはまさにこれだなと。きれいな末脚でございました。

朝日杯、NZTと残念な目に合ってきましたからねw 気持ち的には以前の外れを取り戻したような感覚でおります。ブログ等、書き言葉では意識して雑な表現を避けていますが、その2戦当時は「勝浦、てめー」と普通に発音しておりましたよw NZTは再開初日の福島競馬場におりましたからよく覚えています。復興に思いをはせつつ、内で詰まる本命をののしるアレでした。わたくし、普段は落ち着いたキャラに見えているはずなのですが、勝負したレースの最後の直線だけは如何ともしがたいテンションになってございますですねw

京洛S直後は久しぶりに半笑いさんとTwitterでからんだり。お互いにサドンストームには煮え湯を飲まされていたようでしたw お互いに健闘を讃え合えてよかった、のかなw まぁ過去の反省から今回狙うことができたわけですし、続けていればこそ反省の機会も「取り戻した」という感覚も味わえるわけで、これもまた醍醐味のひとつだと受け取っております。はい、前向きキングがとおりますよーw



最後に。

府中のパドックでは重みのあるレンズを構える20代前半とおぼしき2人組(途中から3人だったかな)がお隣でした。アユサンの尻尾の赤いリボンを見て「かわいいー」「このくらいオシャレじゃなきゃだめだよねー」的に会話しながらシャッターを切っておりまして。

こういったブログを読まれるリテラシーの方にはとっくに既知かもしれませんが、尻尾のリボンは回し蹴り注意のサインですw 「回し」蹴りの形容は余計かw かわいさが余って大変なことになるかもしれませんので是非ご注意いただきたいところです。

ただ、現場ではスルーしました。もちろん知っていてほしいとは思いますが、いまでなくてもいいでしょうし、知らずにアユサンの後ろに回り込むような危険な場面はないでしょうし。知識が揃っていないと楽しむ権利がない、なんてことはないですからね。わいがやでかつ熱心に観察されていましたから、いずれその知識にも出くわすだろうと思い、お節介なセリフは飲み込むことにいたしました。老婆心、という言葉が浮かびましたよ。やだやだw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/606-0b06cffb