2012.11.12


レインボーダリア、きれいな末脚でした。

道中は中団の外から直線は馬場のよいところへ。鞍上の表現通り「4コーナーをかっこよく」回ってこれました。9Rあたりから本格的になってきた雨。昨年の実績(良だけどゆるかったですよね)から重馬場はこなすと思っていましたし、外を回ってくるイメージもありましたが、まさかヴィルシーナを捉えて勝ち切るとは。恐れ入りました。

レースラップです。
13.0-11.3-12.9-12.6-12.6-12.9-12.7-11.9-11.5-12.5-12.4。

スマートシルエットも強く主張することはなく、レジェンドブルーの逃げがすんなり目。3ハロン目に12.9が示す通り早くに隊列が決まりました。その後は淡々としていましたね。残り1000mまではラップタイムも隊列も動きがなく。ただ馬場状態がけっこう悪かったことを示しているなら、見た目以上にきつい、各馬とも走りのバランスを取る事にエネルギーを消耗していた可能性はあるのかなと思っています。実際、番手で進めたスマートシルエットは大きく着順を下げていますし。

レインボーダリアは道中ヴィルシーナの2つ後ろ。エリンコートの捲くり上げにも動じませんでした。11.5のペースアップを追いかけなかったことは最後の伸び脚につながったでしょう。前走、府中牝馬は待機策の分着順が上がらなかったと理解していましたが、今回も自分のリズムで勝負した格好ですね。その時の脚色もよかったし、追い切りもよかったんですけどねぇ。相談役、お見事でございました。トレーナーとジョッキー、G1制覇は重のイメージですね。


ヴィルシーナ。

今回も展開に恵まれませんでした。1倍台の単勝オッズは付き過ぎと思いつつ、秋華賞の後半を予想面では重視したことは悪くなかったのでしょうが、ねぇ。1年にG1を4回2着すること自体は相当なパフォーマンスなんですけどね。

エリンコートの捲くりには反応せざるを得なかったでしょうか。その動きを察知して鞍上は早めに動き出しているのですが、パトロールフィルムで観るとオールザットジャズとの間に挟まれた格好になっていました。エリンコートにパスされるあたりで鞍上のリズムがかなり乱れていて、相当慌てたかノメったか、どちらかだろうと思っていたのですが、結果的にここでのロスは少なくなかったと見ています。

エリンコートの捲くりの意図はまだ咀嚼しきっていません。人気薄の乗り替わり、今日と似た雨馬場のオークス馬、思い切った策は打ち易かったかもしれません。テイエムイナズマのイメージと重なりましたが、仮にそうであれば馬場もメンバーも異なっていますのでね。狙いはどのあたりだったのか、その後のコメントを待ちたいと思っています。


ラシンティランテ。

本命でした。狙いすぎました。内を通った先行馬には相当負荷がかかると読んで、ヴィルシーナを目標に外目を進められるのは大きなアドバンテージ、などと妄想が膨らんでおりました。果たしてその通りになりましたが、その後ろから勝ち馬が差して来ましたね。。。 前走はスローからの上がり勝負。そして今回は馬場悪化とロングスパート。ヴィルシーナへの評価基準とギャップが生じておりましたね。ウインズに繰り出していたのですから、そこは補正すべきでした。鞍上ルメール、アグネスタキオン産駒。リトルアマポーラの色眼鏡もあったかなーw はい、完敗でございました。



最後に。

最後方からとはいえメルヴェイユドールの頑張りを見ると、グルヴェイヴがでていたら、と思っちゃいますね。マーメイドSで上がった期待値が戦線離脱でがっつり下がってしまってたのを思い出してみたり。たらればは禁物、なのは確かなんですけどね。関係者に声を届けない範囲なら、ファン目線でのたらればは有りでいいんじゃないかなと思いつつ。良馬場だったらなぁw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/609-fd4d46d4