2012.11.24


コディーノ、快勝でした。

先週の話で恐縮でございますw 1週間経過してしまいましたが、さらっと書いておこうと思います。

当日は朝から雨でした。自分は世田谷の馬事公苑にいたのでリアルタイムでは見ていないのですが、基本的に内枠先行が有利な馬場状態だったと認識しています。実績最上位のコディーノが最内枠でしたからね。そのまま1番人気になったのは納得でした。

レースラップは以下の通り。
12.8-11.1-11.2-11.3-12.0-13.1-12.2-10.9-11.4。

ロードシュプリームの単騎逃げ。2走前のアスター賞はだいぶ前向きなテンションでした。おそらく急には改善しないだろうなーと思っていましたが、4コーナーはしっかりシフトダウンができていました。直線の再加速含め、収穫はあったと思っていますが今回はね。持ち味を活かせる場面はどこでしょう。今後の進路がちょっと気になっています。

13.1まではロードのラップですから、それより後ろはかなりスロー。直線の加速力勝負になりました。緩めのラップは重賞のそれかといわれると何ともですが、前が開くまで待ったコディーノの末脚はパワフルでしたね。

藤澤厩舎と横山J。クラシックの有力馬でのコンビは、ん、ペルーサ以来?そんなに久しぶりでもないでしょうか。馬体からはローズキングダム、厩舎とレース振りはバブルガムフェロー。個人的には過去の馬のイメージが浮かびやすいタイプという印象。成長曲線的にパンプアップが少し早い気がしなくもないですが、キンカメだしなー。次走はおそらく朝日杯、順調に行って欲しいと思っています。

自分はレッドレイヴンの単勝だけ。思った以上に後ろから進めていましたが、上がりの脚は1着のそれと遜色なかったと思っています。スローの道中、縦のポジションの差が着順に反映した格好です。が、好位の内を取りにいけて、そこでタメが作れるのは大きな強み。ソエがでたこともあるでしょうが、早々に朝日杯は回避して共同通信杯という報道。好感を覚えています。NHKマイルからダービー、なんていう西の厩舎のお株を奪うローテーションもアリかもしれません。来年期待の1頭です。楽しみ。



最後に。

JBIS POG的には大敗でした。ミヤジタイガが次走をここに定めた際に、向かないだろうと直感していましたし。相手関係等々で府中でも結果が出るかもしれませんが、適性はよどみないペースの中山ないし阪神かな、というイメージでおります。サトノノブレスはレース後放牧という情報。ディープ産駒という点を差し引いてもまだ線の細い、トモの強さももう少しという印象。レースも加速力の差の分が着差に表れたように理解しています。カラダができてくるのは少し先でしょうか。POG期間を過ぎてしまうかもしれませんねw



さて、ジャパンカップの情報は続々と集めております。詳しくは後ほど。
事前のテンションはさくっとポストしておこうと思います。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/612-8da87aee