2012.12.10

ローブティサージュ、快勝でした。

展開はまさに「好位の内」でした。スタートして間もなく、ローブがポジションを確保したのを見てほぼやられたと思っていました。あー、でも結果的にはあってたのですがちょっと判断が早過ぎだったと反省していましてw ラップを振り返って自分の感覚を補正しているところです。思った以上に前傾ラップでしたねー。

そのレースラップ。
12.4-10.5-11.2-11.8-11.9-12.2-11.5-12.7

コース改修した2006年以降、前半2ハロンは今年が最速でした。これに次ぐのは2007年トールポピーの「10.6-11.3」。掲示板に載った5頭のうち4頭が3コーナーで10番手以下(唯一オディールが6番手、涙)、先行勢は壊滅状態でした。クロフネサプライズはそれ以上に突っ込んだラップを踏んだのですが、ラスト1ハロンを失速しながらも2着。これを好位追走したローブティサージュが僅かに捕らえるという前残り。レースの質は全然違いますね。このあたり、確かにクロフネサプライズ自身の粘りもサプライズだったのですが、エクイターフの特長もしっかりでた結果かなーと思っています。


コレクターアイテム。

スタートから軽いプッシュからして、ジョッキーのイメージはもう少し前だったでしょうか。自分はプリンセスジャックの位置(ローブの横)、あわよくば最内で立ち回れると踏んでいましたが、スタートから縦のポジションがひとつふたつと下がってしまいました。あとは展開の後手に回る流れだったと理解しています。直線入口、もっとも各馬が加速するところ=進路確保のため各馬が横に広がるポイントで内に進路がとれず。無理に外をこじ開け馬群の外を迂回する格好になりました。最後の詰め方を見ると一番強いパフォーマンスだったでしょう。残念ながらこの迂回の分だけ負けたように見えています。

浜中のペース判断は無難なものだったと思います。以前の馬場なら賞賛されているエスコートだったとも思いますし。今日のレースもそうですが、ここ1年時折顕著に感じてきたのは、この馬場の変化によるペース判断の補正が乗り手に求められている、ということ。ジョッキーからすればカラダや目や耳で体得してきた感覚ですから、一口に補正といっても全く容易なものではないでしょう。多少オーバーペースでも前々で受けて粘り込む。このクロフネサプライズな展開を作りやすい=これまでの感覚をスライドさせやすいのは、馬場の重さこそ違え、先行有利な地方競馬出身のジョッキーなのでは、というイメージをもつようになっています。小牧しかり、岩田しかり、内田しかり。あ、クレイグもいれておいてくださいw 反対に、福永はこの補正のためにスタートから出していくアメリカ競馬を体感しにいったのだとも理解するようになっています。

そうなんですよね、クロフネサプライズ、乗り替わりで柴山なんですよね。現場でもそうしたジョッキーのペースの癖をあらかじめ折り込むような乗り替わりがトレンドになりつつあるのかなーなどと妄想してみたり。あー、ものすごく個人的な心象で書き散らしていますので、多分に話半分でお願いしますね。


アユサン。

こちらは大外枠に泣いた格好。道中早めにポジションを上げる姿が見えましたが、置かれた状況なりに抵抗を示した鞍上の気概を見たように思います。あるいは今後、道中より前で立ち回るために布石であったかもしれません。まだ4年目。どこまでペース判断ができていたか、どこまで先を見据えていたかは今後の活躍でみえてくるのではないでしょうか。枠順を見るまでは本命でもよいと思っていましたが、枠順と土曜の内容で今回は大きく評価を下げました。


ローブティサージュ。

最内を軽くプッシュしながら追走し、直線に向いてから2頭分外に展開しました。カレンブラックヒルで象徴的に語ってよいのかは微妙ですが、止まらない馬場を先行するスタミナ配分が掴めていたのではないかな、とレース後に思うのは遅いですよねw クロフネサプライズに照準を合わせて、ラストのひと伸びのためのスタミナを温存するような一連の仕掛けにも見えており。ひとつG1を勝つことの経験、その重さに思いが至っているところです。馬自身もスピードスタミナを兼備している模様。ですが、条件がかわればどうなりますか。今後の成長も含めてこれからを楽しみにしたいと思います。



最後に。

個人的な事情なのですが、先週スマホを落としてしまいまして。液晶画面が真っ黒になるもタップには反応するという微妙な状況。代替機を取り寄せたのはよいのですが、旧機からデータを取り出すのに一苦労しましてねぇ。。。 複数のショップや大手量販店の窓口を転々と移動する中での予想だったので、もうひとつ考える時間を取れなかったんですよね。コレクターアイテムと決めるまでの吟味が中途半端になってしまった感覚がありまして。万全を尽くせないといろいろ不完全燃焼になります。。。 シルクフォーチュンなんか超買い時じゃないですかw ロードカナロアもわくわくしながら結果を待ちたかったなぁ。おかげさまで無事にデータは取り出せましたので、来週こそは(選挙ですけど)しっかり集中したいと思います。

…データ取り出しにこだわったのは、奇跡のダービー馬と撮った1枚が入っていたからなんですよ。諦めなくてよかったです。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/621-516873e8