2012.12.16


土曜はまるっと不参加でした。

日付変わってようやく映像をチェック。3場のメインが見事に異なる特長を示したと受け取りました。面白いコントラストなのですが、リアルタイムで整理してばっちり予想できたかと考えると、うーん、きっととっちらかってしまったでしょうねw というわけで、さらっと振り返っておきたいと思います。


中京は愛知杯。エーシンメンフィスの逃げ切りでした。前半64.5、上がりは「11.5-11.0-12.1」。いくらなんでも前が残りますよね。オールザットジャズもピクシープリンセスもペースにお付き合いした格好になりました。特にオールザットジャズ。外から見れば早く追いかけるべきなのですが、鞍上の意識は前走のG1で脚があがったあたりに置かれていたかな。動かなかった、ように見えました。

軽ハンデ、鞍上の思い切り、そしてテネシーガールの仔が逃げ切り。いろいろ文脈が揃っていたのは後から気づくものですね。


阪神はリゲルS。ハナズゴールの末脚はすばらしかった。逃げたオースミスパークを交わす際の、鞍上の手綱を控える動作は印象的でした。

12.8-11.4-11.2-11.4-11.5-11.5-11.6-12.4。
このラップを追走してラスト1ハロンで逃げ馬を捉える展開。上がりは33.3。レースラップからするととてもタフな末脚です。つくづく秋華賞までの流れは惜しまれますね。今後が、来春が楽しみになりました。

対してマウントシャスタは。。。直線半ばでハナズゴールの進路を塞ぎ気味になってしまったようです。ななめ後方に注意が払える間合いだったようにも見えましたが、JRAの映像だとちょうど一回見切れるんですよね。結果的に立て直したことがブレーキになってしまったようで、もったいない動きだったと見えています。


中山はディセンバーS。ベールドインパクトがギリギリで間に合いました。得意でないコースという印象がありましたが、鞍上がしっかり脚を引き出したようです。しかし、特に向こう正面の流れはけっこうなモヤでよく視認できず。このあたりに「ベールド」というサインはあったのかもしれませんねw はいテキトー言いましたw

気になったのはトップカミングの縦の位置取り。3コーナー近辺で番手を下げているのですが、このあたりはレースのラップも落ちておりまして。坂での加速にちょっともたつく様子やゴール前の勢いからして、運び方ひとつで馬券圏内はあったかもしれません。今回ヘグったことより、順調なら次走以降ねらい目かもしれません。



さて、日曜のG1に向けて馬場の傾向を見ようと思っていたのですが、ラップからはなかなか読み取りづらい印象です。ブリッツェン、マルカボルトの運び方から前々が残りやすい傾向なのでしょうが、力のある馬ならひとつふたつ後ろからでも間に合いそうな印象も。最速の上がりが34秒台後半ですから、切れなくともバテにくいタイプの前残りは要注意でしょうか。どうやら外を回すのは厳しそうですね。

追い切りを見た限り、コディーノで仕方ないという至極ありふれた結論に落ち着きそうです。エーシントップも好調なのですが、厩舎の特性とおなじみのメンコのせいかw 距離が短い方がよいのではと思っちゃいますね。あとはクラウンレガーロ、ゴットフリート、フラムドグロワールあたりが仕上がり良好と見えました。うーん、やっぱり無難な予想に収まりそうです。


有馬記念が面白いメンバーになりそうですので、今週はコディーノを素直に堪能するのがよいのでしょうか。といいつつ、穴は追い込みタイプかな、などと色気をだしてしまってるところですw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/622-63d8c219