2012.12.23

土曜は昼過ぎまで雨でした。

中山は終日稍重馬場での開催、3~4コーナーの内側がやや荒れているとの報道もありましたが、全体的には極端な影響はなかったように思っています。ややパワーが要るのかな、という印象。メインのラピスラズリSのタイムもそうですが、その分時計がかかっているように理解しています。今秋の府中で軽快に先行押し切りしているタイプにはちょっと応える馬場状態なのかもしれません。はい、ブラボースキーからはいってしまいましたw


中山大障害。

熊沢Jがついに障害G1を獲りました。マジェスティバイオが器用にインをキープし続ける中、その前々を終始先行して押し切る内容。中山4100mは初挑戦でしたから、鞍上の積極的なリードはスタミナへの信頼があったからこそでしょうね。勝利ジョッキーインタビューでは「これで障害は卒業しようと思っていたけど」というフレーズが。年初の骨折も堪えているのでしょうか。でもマーベラスカイザーがこれからの馬ですからね。まだまだ(現役を)やめられないとのコメントがでていましたので、きっと近々のモチベーションになっていくのでしょう。ステイゴールドの主戦ジョッキーが一足先にG1制覇、かな。おめでとうございました。


ラジオNIKKEI杯2歳S

ラスト1ハロンでエピファネイアのパワーが上回ったという見立てです。いまいまの完成度の差でもあり、ディープとクリスエスの差でもあるでしょう。パドック映像の段階でその差を感じ取っていましたが、エピファネイアより前のポジションを選択したユタカJの判断を通じて、その見立ての答え合わせができたと思いました。キズナから連で買っていたので、1~2コーナーのあたりで軽く絶望的な感覚に
襲われましたけどねw やっぱりか的なw じゃあ買っとけよ的なw

レースラップはこちら。
14.0-12.4-13.4-13.2-13.0-12.9-12.0-11.5-11.0-12.0。

レース後半のアーティスティックな加速ラップはユタカJならでは。最後はやんちゃ坊主(=バッドボーイ)の温存されたスタミナに屈した格好ですが、結果論ながら再び500万下を使える3着は最善といえるかもしれません。あー、きさらぎ賞で結果がでるかな。
※2013/1/7訂正:豪快な勘違いでした。新馬、黄菊賞の連勝ですから500万下は使えませんね。失礼いたしました。完成までに少し時間があったほうが、という見立ては変わらずです。はい。

エピファネイアは京都2歳Sと似たレースをこなしました。鞍上は府中の2400mに向けた課題として折り合いを上げていましたが、道中のペースが締まった時に同じパフォーマンスができるか。これは春まで持ち越しになりました。ハイペースを追走して無敗が止まったコディーノとは対照的ですね。クラシックトライアルが興味深くなってきました。

ちなみに、個人的には母シーザリオのスレンダーなシルエットが重なりまして。好きでしたねー、シーザリオ。順調に行ってほしいと思います。



さぁ、大ラス、有馬記念。

週中は極力レースのことは考えないようにしていました。仕事の繁忙が大きいのですけどね。でもなー、1週間一喜一憂するのは醍醐味ですからねぇw

人気のゴールドシップもルーラーシップも近走は極端な競馬。一方で内枠、先行馬が有利な馬場。届くのか、届かないのか。シンプルにまとめればそこに収斂するのですが、まぁ悩ましい限り。


土曜最終の冬至特別。大障害と同じマーベラスサンデー産駒ドリームヒーローの逃げ切り。というより松岡Jの逃げ切りというべきでしょうか。レースラップが特徴的でした。
12.9-11.9-11.7-11.8-12.0-12.2-12.2-12.3-13.5

ラスト1ハロンの失速ラップ以外はほぼイーブンに近いラップ。加減速のない道中の運びで、前半3ハロンで確保したリードをうまく使い切りました。これができる馬場という認識を持って予想をすると、…はい、難解になりますねw


枠順は、ねぇ。先行したいビートブラック、ルルーシュが外枠にはいり、ルーラーシップは偶数枠。エイシンフラッシュ、スカイディグニティの内枠はプラス材料なのですが、外から先行馬がペースを引っ張ると縦のポジションを主張できるかちょっと疑問符がついてみたり。

追い切りを見た限りでは、エイシンフラッシュ、ダイワファルコン、ルーラーシップ、ダークシャドウ、ゴールドシップ、ビートブラック、ナカヤマナイト、ルルーシュ。特に目についたのはビートブラック。もともと坂路を真っ直ぐ駆けあがってくるイメージがありますが、春よりも気持ちパンプアップしたように見えまして。後躯の外股具合が増したかな。ナカヤマナイト、ルーラーシップもよく見えましたね。加速に無理がなく前向きな印象でした。


過去10年のラップも軽く比較してみました。やはり昨年の14秒台は異質ですねー。今回のメンバーを見たイメージでいえば、2009年ドリームジャーニーの時に近くなるようにも。ただ、あの時は前半リーチザクラウンがいましたので(あったねーって感じです)、そこまで突っ込んだラップにならないと思われます。実際は2010年のそれとブレンドしたようなラップバランスかなと見立てています。でも、今回は読みにくいですね。


追い切り後のインタビュー。そっけない横山Jの姿がありました。週中のニュースではビートブラックが番手の競馬を考えているとも。アーネストリーのフィジカルはだいぶ復調モードと見ました。で、先行争いはどうなるでしょう。ルルーシュが主張しなければアーネストリーの逃げもありうるかもしれません。その場合は淡々としたペースからの後半勝負かなー。ただ、ルルーシュが主張しなければ、という前提が微妙な気がしていまして。早めのイーブンラップで後続を封じ込めるようなイメージをもっています。



むーん。いずれの馬にせよ、天皇賞(春)や日経賞のような逃げ切りはちょっと期待しにくいように思っています。いまのところのイメージは、先行勢の早め早めの仕掛けを利してのルーラーシップ。なのですが、出遅れなければ、という強力なエクスキューズが付きますね。やっぱり直前まで迷うことのなるのかーw

ゴールドシップはどうも勝ち切るまでのイメージが湧かず。勝つには先行勢が1週目から向こう正面まで早過ぎず遅すぎず、無難なラップを刻んだ場合に限られるような気がしています。最後は来ているんだけど、という結果かな。菊花賞と同様の展開で勝つなら本当に強いですね。



もう夜が明けてまいりました。軽く睡眠をとってから、府中に向かう予定です。中山のライブ感は捨てがたいのですが、生でパドックを観ようとするとちょっと場内の移動が慌ただしくなるんですよね。時間で計れば府中と大差ないかもしれないのですが、まぁ完全に主観的な問題ですね。今回はイメージをくゆらす時間を大事にする意味で、人口密度の高くないパークウインズで悩んで見届けようと思っています。

あ、ELTのライブがあるのかw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/626-c16dd401