2013.03.25


ロードカナロア、磐石でした。

若干軽かった追い切り、逃げ馬が外に入った枠順(=外から押圧される可能性)などマイナスの要因が頭を巡っていましたが、連軸的にカナロアは切れないなーという結論になっていました。前半のペースが速くならないと思っていたんですよね。それを中団で追走できれば問題ないだろうなと。

ペースの読み、ひとつ前のレースにそのヒントを見ていました。10Rの名古屋城S、パーツパーツの長いカレンミロティックならレースを前々で進めて、回転の速い加速を求めない仕掛けを狙うかなーと考えての本命視。外差し寄りの馬場と理解していましたが、前々で決まると読んでニューダイナスティ、ゴールデングローブを相手に。出来からマイネルディーンを加えて、中団に構えそうなエックスマークは展開にスポイルされると読みました。

いろいろ読み違えましたね。ニューダイナスティは逃げず、カレンが他馬を封じきったところへ騎手会長のカワキタフウジンが。きれいな差しでした。G1よりこの外れが後を引いております。。。

で、高松宮記念の予想組み立て。これだけ最後の直線がスピードを担保するなら、先行したい人馬は前半を突っ込み過ぎないラップで展開したいのではないかなと。前傾ラップにした場合、スピードにのせた登坂は難しくなるでしょうからね。後続をバテさせる逃げでなく、自身のスタミナ配分を考慮した流れが理想かなと考えました。

ハクサンムーン、メモリアルイヤー、アイラブリリ。外から先手を取りながら無理をしないスタートダッシュなら、お互いをけん制する先行争いの一方、内の馬は彼らが先手を取るまでじっくり構えることになり(競り合いたくないという精神面への配慮が働くでしょうから)、結果、前半の流れは落ち着くのではないかなと読みました。先行馬の色気、を重視した読みですね。まぁハクサンムーンが出遅れたりするとただの考え過ぎになっちゃうわけですけどねw


レースラップです。
11.9-11.0-11.4-11.2-11.0-11.6

2ハロン目は11秒を切りませんでした。ハクサンムーンが勝ちきった京阪杯は10.7。その京阪杯と同じ鞍上、よい手応えを持ちながらの逃げだったのではないでしょうか。そうですね、ラップ構成も京阪杯のそれでしたね。

ちなみに京阪杯のラップはこちら。微細なところは相関しないでしょうが、一応。
12.2-10.7-11.4-11.4-11.3-11.5


ロードカナロアは出遅れ気味。3、4コーナーでは前にゴスペル、外にダッシャーと囲まれた格好でしたが、慌てず騒がず直線に向くまでじっとしていました。そこから抜け出してきたのは力があればこそ。能力に疑いをもっていなかったであろう鞍上の勝利とも思いますね。あぁ、結果論ですが昨年の3着と似たような待ち方だったかな。福永Jの「育て専」説?ぱっと思いついた言葉ですがあながち否定できないかしらw

はい、その王者に逆らってサクラゴスペルが本命でした。スタートから手綱を動かす所作。もともと前々で運ぶつもりだったのでしょう。3コーナーまでにカナロアの前方を塞ぐような先行策になりました。直線半ばで力尽きましたが、これで負けたら仕方ないという内容だったと思っています。もう少し粘れれば、が今後の課題なのでしょうね。えぇえぇ、悔いはございません。

ドリームバレンチノはスタートで挟まれる格好。パトロールを観るとけっこうエグい進路の塞がり方でした。鞍上はカナロアの後ろからという展開を想像していたでしょうか。ラストの伸び脚も含め、最善を尽くした結果と受け止めています。若手の成長に継続騎乗は大事、などと思ってしまいますね。

一方でサンカルロとツルマルレオン。追い込むタイプの嵌まる展開も考えてはいたのですが、可能性を低く見積もる結論になりました。それにしても、な気もしています。サンカルロはあのポジションしかなかったのか、ツルマルレオンは徐々に噴かす必要があったのか。特にツルマルレオンの鞍上はひとつ前のレースでもマイネルディーンを少しずつ押し上げての直線失速。早仕掛けの感がありましたのでツルマルの評価も下げる判断にしました。ペースとコースと馬場をどう捉えていたのかしら。いずれにしても展開が向かなかったかもしれませんけどね。



最後に。

カナロアは安田記念をパスして秋に備える模様。このあたりは1600→1200という距離短縮ローテを避けるトレーナーの考え方があるようです。府中に来る可能性自体がほぼなくなるのはちょっと残念ですが、追々賢明な選択と評価されるような気がしています。久々のスプリントチャンピオンという認識。アクシデントなく進んでほしいです。

…ロイヤルアスコットを目指したりしませんかね。もうひとつ越境してほしいなーという欲張りな願望は書いておこうと思います。強かったが故の贅沢なイメージですね。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/646-6dc29b8d