2013.04.08


アユサン、もうひと粘りの強さを見せました。

午後からWINSにおりましたが、所用で9Rの忘れな草賞までしか確認できず。10R、レッドデイヴィス復活のコース取りとトップゾーンの伸び脚を確認できていたら、もう少しひねった予想になっていたかもしれません。前日の風雨と当日の直線の向かい風。どれだけ馬場が乾くか。また当日の傾向としてラスト1ハロンが失速ラップになっていましたが、これを粘りこめるのはどの馬か。うーん、もう少しリアルタイムで追いかけて翻弄されたかったですねw

思った以上に追い込みにパワーが要求され、前受けできた方が有利かなと思って、割り切ってクロフネサプライズを中心に決め込みました。先行勢の外々で力んだ追走にならなければいいなーという負の懸念を飲み込んだ結論でした。はい。


レースラップです。
12.4-11.0-11.4-12.1-12.0-11.9-11.5-12.7

外回りの3、4コーナーで内を回るのは厳しかったのかな。ペースも合わせて先行馬は壊滅していました。クラウンロゼを気にしていたんですけどね。正攻法でこのペースに飛び込んでしまった格好でした。


勝ったアユサンは先行馬群の中で少し下げたポジショニング。勝手ながらこの縦のポジショニングの柔軟性に前日負傷乗り替わりとなった主戦・丸山Jの痕跡を見ています。前走の先行策はここで活きましたね。本人は胸中複雑かもしれませんがグッジョブだったでしょう。

びっくりしたのはラスト1ハロン。レッドオーヴァルが並びかけた後の粘りですね。オーヴァルの失速はあるのでしょうが、アルテミスS2着の差し切れなかったイメージが残っていた分、グイとでたクビは印象深いですね。オークスに向けた評価の整理ということで、忘れずにいたいと思います。


レッドオーヴァルの戦略は熱かった。ミルコはひとつ前のレースを観てあの待機策に決めたのでしょうか。先行馬群から離れた追走。外から見れば妥当と映るのですが、実際にやる方の胆力たるや。直線入口でどうやらプリンセスジャックに押圧されたようですが、外に展開してからの末脚はすばらしかった!

紅梅Sが評価されての2番人気だと思うのですが、チューリップ賞の負け方で前のペースに左右されてしまうタイプと見立てていました。それはこのレース前後で変わっていないのですが、ミルコのパフォーマンスを見るとね。オーヴァルの単勝をもっていた方をうらやましく思っているところです。

次走はどうなるでしょう。馬場を差し引いても、ゴール前の脚のあがり具合を含めた今回のパフォーマンスは出し切った感もありまして。府中の2400mならどう色気をだすべきでしょうか。


クロフネサプライズのペース配分。レース後に逃げたかったという鞍上のコメントを目にしましたが、内枠の馬がとばした際の対応策はもともと少なかったと見るべきなのか、ちょっと悩ましく思っています。レース中盤からもっていかれる姿はやっぱり感もありまして。

前走は3、4コーナーを耳を立てて走っていましたから、今回その再現というわけにはいかないだろうと予想はしていました。でもなー。逃げたサマリーズのペースにお付き合いせざるを得なかったのか、いまいまは評価し切れていません。ただ、距離があった方が先手を取り切るメリットは大きいかもしれませんしね。見限るのは早いと思っています。


あと気になったのはトーセンソレイユとサンブルエミューズ。どちらも鞍上の判断についてなのですが、前者はソレイユの持ち味と相反する進め方になってしまったように見えています。エルフィンSは印象的でしたけどね、ペースをずらした待機策からの差し切りでしたから、どちらかというと消極的な方向で未知の魅力という存在だと思っていました。今回はメリハリのある追走にはなっていなかったための失速と見ています。

対するサンブルエミューズ。岩田Jは思い切った最後方待機でした。がっつり前受けか待機策か、極端な策で臨むだろうと思っていましたが、これは好感をもって受け止めています。桜花賞を勝ち切る戦略ではなかったでしょうが、展開待ちの姿勢を取りつつも次につながるメリハリの効いたレースになったのではないでしょうか。伏兵の域を出ないかもしれませんが、次に向けてこちらも覚えておきたいと思っています。



最後に。

週中、知り合いのあゆさんに「絶対勝てないって」という冗談まじりの極端な前フリをしていまして。週明け、謝罪とともに頑張り屋さんだったねー的に褒めちぎっておかないといけないかなーとw 面倒なタネを撒いてしまいましたw

あー2冠獲ったりしたらどうしましょうw



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/649-4bf69285