2013.04.15


ロゴタイプ、完勝でした。

「1コーナーで接触して力んだ」「1、2コーナーで掛かり気味になった」。それぞれコディーノ、エピファネイアのレース後のコメントです。勝ったロゴタイプはどちらの状況もクリアしました。なによりコディーノの接触の相手はロゴタイプですから。チャンピオンに言い訳は不要、ですね。

レースラップです。
12.0-10.6-11.5-11.6-12.3-12.1-12.0-11.9-12.0-12.0

前半1000mが58.0。コパノリチャード、クリノヒマラヤオーがしっかり引っ張りましたがその割に後半のペースは落ちませんでした。直線の坂下まで粘ったコパノリチャードもなかなか。前半スローよりは次につながるパフォーマンスだったかなと思っています。結果的にびしっとレースを締めてくれました。ラップの見映えには現われない出し入れも多かったと見ています。総合力が問われた分、実績上位の馬が順当に掲示板に並びました。


ロゴタイプ。

1コーナーの接触で位置取りをひとつ下げましたが、そこから慌てず中団最内をキープ。これまでのレースよりコーナーの通過順は後ろですが、レコード決着の前傾ラップなら妥当だったでしょう。4コーナー手前のイン→アウトのコース取りは大胆でしたね。なかなかギアの上がってこないカミノタサハラと厳しいせめぎ合い。勢いが勝った分カミノタサハラは遠心力で膨れていました。直線に向いて確保したコースは内から6、7頭目の芝がきれいに見えるギリギリのところ。あとは持続力にあふれた末脚を伸ばし切るだけでした。強かった。

パドックも返し馬もよかったですねー。馬体の柔らかさや息の深さ、精神的な安定感は人気3頭のなかでは一番でした。実は珍しく前日時点でロゴタイプ本命で単勝を買っていたので、パドックと返し馬の好印象は期待を膨らませる方に働きました。前日に買っていたのは日曜に予想する時間が取れない見込みだったからですが、前走スプリングSのパフォーマンスが素晴らしかったですからね。7番枠もロゴタイプの脚質なら3、4コーナーで外にだしていくのに十分な枠順ですので、あとはミルコの日本人力を信じるだけでしたw

1200mでのデビュー、朝日杯から200mずつ距離を延ばすローテーションから距離の壁に関する懸念もあったようですが、これは陣営の判断が慎重に過ぎたためかもしれません。…うーん、もう少しはっきり表現しますか、あくまで個人的見解ですが、ロゴタイプ陣営は当初、適性や能力を測り損ねていたように見えていまして。もう少し踏み込んだ邪推をすると、札幌2歳Sがロゴタイプの評価を見直すタイミングになったのではないかなと思っています。他の厩舎だったらデビュー戦が1600mや1800mであったかもしれませんし、そうなると戦歴もローテーションもデビュー戦の時期もずいぶん異なっていたかもしれませんね。あー、この陣容だからこそこの結果もあるわけで、あくまで外野のたらればですけどね。

おそらく1ハロンの瞬発力ではコディーノ、エピファネイアに劣るのでしょうが、あの自在性と持続力はレースの主導権、ペースの主導権を握りやすいでしょうね。ダービーは400mの距離延長ですが、昨年のような府中の馬場コンディションなら懸念は少ないと思っています。ただ、もっと得意な馬がいるようにも思っていますので。これからのトライアルも含めじっくり観ていきたいですね。


エピファネイア。

今日の2着は福永Jのファインプレーでしょう。本番までの積み上げという点で、前走弥生賞のかかり方はそれまでの折り合いの経験がひとつ手戻ったはずです。これを取り戻すために、そしてレース直前に入れ込んでしまうことを含め、外枠から折り合いに専念する分後方から差し届かず、という展開を色濃く予見していました。

ギリギリを攻めていきましたね。スタートから無理をさせすぎず、決定的に折り合いをかかない範囲で、前々のポジショニングを狙っていきました。向こう正面でようやくクラウンレガーロの後ろに入れられましたが、かなり引っ張り合いが続いてしました。鞍上の敗因コメントは正直なそれなのでしょう。ただし、ペースを比較的前で受けていく経験は府中の2400mに向けた布石として十分であると見ています。加えるなら、お母さんの1冠目は2着、鞍上は昨年の皐月賞を2着。こちらの積み上げも十分でしょう。今年こそ、かもしれません。


コディーノ。

週末までは本命視していました。が、ロゴタイプの持続力に及ばない可能性を強くとらえて評価を下げました。勝つとしたら4コーナーでエピファネイアの位置取り、かつ自分から仕掛けて粘りこんでいくパターンかなと思っていましたが、締まったペースを受けて4コーナーでは仕掛けを待つ姿がありました。レコードのペースを受けての判断、妥当だったのでしょう。

ただこれで、スタミナの底という点では1、2着との差が示されたように思っています。以前例えた気がしていますが、以前よりいっそうローズキングダムとイメージが重なったきました。エイシンフラッシュのようなダービーになるかというと…。うーん、いまいまはNHKマイルCの方が良績が見込めるのかなと思っているところです。


それ以外に気づいたこと。

クラウンレガーロの鞍上。馬の特性を捉えたいい進め方だったのではないかなと。馬に坂を踏ん張る力がなかった分、早めになだれ込む判断をしたかもしれません。道中もスムーズでしたしね。皇成J、思い切りのよい騎乗と見えています。買い目に加えていても悔いはなかったでしょうね。

テイエムイナズマの鞍上。大外という記号でさくっと切ってしまったのですが、与えられた条件なりにベストを尽くした結果でしょうね。6着まで押し上げてくるとは。武豊Jの凄さはこういうところに現われてくるのだと再認識しています。

メイケイペガスターの鞍上。継続騎乗が裏目にでたでしょうか。スタートから終始馬群を避け、折り合いに専念する戦略。いや、勝負に加わっていない分戦略とは呼べないかもしれません。パトロールフィルムを見ても、直線大外に回してからの右ムチ。さらに外に膨れていきました。どこまでが指示だったかはわかりませんし結果として次走以降の布石になる可能性も否定しませんが、重賞ウィナーがほぼ勝負に参加しない姿勢は少なくなく興奮を削いでしまったなと。



最後に。

皐月賞上位馬にレッドレイヴン、キズナが加わるであろう日本ダービー。いいですねー、楽しみになってきました。これだけのレースですから各馬の消耗度も大きいはずですので、まずは各馬無事に。そして良馬場で。できれば強い風も吹かないコンディションでお願いしたいですw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/651-64d776de