2013.05.04

GW真っただ中ですね。

しかしちょっと気温が上がってきません。5/1からクールビズですよという杓子定規なニュースと北海道の雪の映像を観て季節感があぼーんされる感じ。GW後半は基本晴れ予報ですが突然の雨に注意らしく。何の心配もなく快晴ならすっきり繰り出せるんですけどね。もろもろ少し落ち着いてきまして、今週はようやく府中に参上できそうです。


いきなり閑話休題的に。週中、ようやく自分用のノートPCをWindows 7機に買い替えました。中古品を選んだのですが、それまでがずっとXP(ハードもスペック低目)でしたので、ブラウジングのスピード感、特に映像コンテンツのロードがパワーアップしましたねーよかったよかった。

秋葉原に繰り出して、Windows 8のタッチUIは果たして日常的に使用するのか、「飽きたら戻せばいいんだよ」といわれてもなぁ、などとエクセルシオールで逡巡しておりました。いや、行く前から想定していた結論ではあるのですが、普段使いのノートPCでフリックしてシャーって必然性ないな、という無難な着地になりましてWindows 7機を選択することに。

で、先ほどまで新旧PCの引っ越しに右往左往しておりました。セキュリティソフトの設定から、ブラウザ、メールソフト、iTunes、フリーツール、ガジェット。。。 そもそもWi-Fiがつながらないとか、まぁ大変でした。ガジェットスキーなら夢中になって設定するところなんでしょうけどねー。

一応これで今後のデジタルインフラは確保できたわけですが、こうして競馬に触れる時間がゆるりと奪われていったと、まぁ、これを書きたかったわけです。ええ、面倒だったなという恨み言ですねw まぁレーシングビュアーがさくさくしてくれているのでプラマイゼロですw



DVDの借り癖。

今週借りていたのは「20世紀の名勝負100」というフジテレビのまとめDVD。モノクロの時代からの名勝負をコンセプト別に取りまとめていて、vol.1~5に分かれています。自分が観たのは「vol.4 驚愕編」。メイズイ、テスコガビー、カブラヤオーなど「驚愕の」という形容がつくレースをセレクションしている模様です。あのレースはなぜ収録されてないのか?などと言い始めるときりがないアレですね。

エアグルーヴやサイレンススズカ、テイエムオペラオーなど比較的近しい歴史も確認できますので(そしてどれも唸りますよー)、まだの方は是非。おすすめです。

個人的に印象に残ったのは2つ。タニノチカラとマルゼンスキーでした。

タニノチカラの有馬記念はノーカットでは初見。ハイセイコー、タケホープがともに敗れたレースという認識はありましたが、レース前にハイセイコーは放馬していたんですね。けっこうな落馬シーンも目撃できますので、直線の足掻き方は納得するばかり。一方のタニノチカラはマークゆるめの単騎逃げから、力強いフィニッシュ。秋天の押し切り方を見ればこちらも納得の逃げ切りでした。

マルゼンスキーの日本短波賞は圧巻。重厚な筋肉の鎧とラストまで尽きないエネルギー。スタートダッシュ、というより能力差で先陣を切る姿に、これは(他馬は)勝てないよー、と上ずった嘆息が漏れました。3コーナー過ぎのブレーキと再加速、そして圧勝。あらかじめそれら結果を知っていてもなお圧倒されます。

個人的に、マルゼンスキーの走るフォームはスペシャルウィークを連想させました。マルゼンのパンプアップ感をサンデーでしなやかに抑えるとスペシャルな印象に近づくような。そりゃあ母父ですから、サンデーサイレンスが母系の良さを引き出したとくくればきれいな落ちになりますねー。



さて、春のG1真っただ中。

まずは目の前のNHKマイルC。いまいまは枠順を眺めた第一印象に留めているところです。コパノリチャードの外にエーシントップがはいり、その周辺に有力馬が固まったようですので、内々で落ち着いて進められるなら川須Jがタキオンの切れを引き出せるのかなー、などという先入観をつくりつつ、土曜のトラックコンディションを確認しようかと思っています。

ピカチュウだけに電光石火の末脚を、というクリスチャンのコメント記事も読みましたが、イタリア語で電光石火って表現があるのかしらw なにやら粋な意訳が垣間見えますね。

ほぼカレンダー通りのお休みになりましたので、久しぶりにゆっくり堪能する時間が取れそうです。



最後に。

これまでの話とは全く関係ないのですが、濃いめにコーヒーを淹れてバニラアイスにかけたら、なんとなくアフォガートな感じになって美味いんじゃね?と日付が変わってから思いついてしまいまして。ベストはレディーボーデンなのですが、コンビニにはスーパーカップしか見当たらず。ちょっと妥協してスーパーカップで物してみたのですが、これはいいですねー。スーパーカップ、侮れませんw

まぁ、いろいろな意味で少し余裕がでてきた自分の気持ちのバランスを象徴しているのかな、などと強引にこじつけているところです。太るぞーw

さてさて、まずは東西のダービートライアルからですね。特に京都のキズナでしょうか。本番に向けて期待感を煽るトライアルになることを希望しています。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/656-8d07aa92