2013.05.05


プリンシパルSはサムソンズプライド。

逃げ切りとは思いませんでした。直後で立ち回れる馬で考えてサーストンニュースにしましたが、こちらは残念な結果になってしまいました。。。

レースラップはこう。
13.0-12.6-12.2-12.2-12.5-12.5-12.3-11.4-11.0-11.7

スタートダッシュがほぼ求められない展開。こうなると後続は4コーナーまで身動きが取れなくなっていたでしょうね。馬場の良さも後押しした格好。きれいに上がりをまとめることができたようです。

詰め寄られたゴール前は何やらお父さんのダービーのようでもあり。もちろん着差含めシチュエーションは異なっているわけですが。鼻先の白さのせいでしょうかね。

本番に向けてとなると、うーん、ペースを握れるなら穴で考慮するくらいでしょうか。2400mのスタートから1コーナーに向けてが、13.0-12.6で推移するとは想定し難いですからね。もちろんこのパフォーマンスが100%でない可能性もありますが、皐月賞組を脅かすにはもうひとつ何か欲しいかなというのが率直な感想です。


京都新聞杯もさらりと。

キズナがひと捲りで決めました。2番人気リグヴェータの出遅れも奏功したでしょうが独壇場のような見栄えでした。1コーナーでは最後方。おそらく鞍上はどのくらい末脚が切れるのかを試すレース、という意味づけをもって臨んだのでしょうね。

レースラップはこう。
12.2-10.4-12.3-12.0-12.3-12.3-12.6-12.3-12.1-11.8-12.0

鮮やかな見栄えではありましたが、2着3着の脚勢から、いまいまの府中でかつ皐月賞組に通用するのかは何とも言い難く。直線に向いた直後の所作から、加速がつくまでに若干時間を要するようにも見えています。昨年のディープブリランテしかり、前々が残ってしまいやすいバイアスでダービー当日を迎える可能性がありますからね。手放しで評価をあげるには至っていない認識です。でも京都外回りなら確かな強さですね。

NHKマイルCからの転戦組もいるでしょうが、おそらく皐月賞組に重きを置きつつダービーを迎えるのかなーと思っているところです。あ、あとコパノリッキーがどうなるかですねw



最後に、そのNHKマイルC。

ガイヤーズヴェルトの評価がポイントのひとつになっています。前走のパフォーマンスからすると勝ち切るイメージまで湧かないところなのですが、1週前追い切りが圧巻でしたからね。成長分をどう見積もるか、少々悩ましく思っています。鞍上クレイグも前々で早め早めな傾向があることも見限れない材料になっています。で、ペースがどうなるかな、と。

5枠の2頭でいえば、コパノリチャードの方が後ろから運ぶようなイメージがありますが、外からエーシントップが被せてくるでしょうからそうそう遅くはならないでしょうし、上位人気馬が前々で陣取れば極端にペースが破綻する可能性も低めでしょう。

早めにやりあう展開を見越して、レッドアリオンやファルコンSの連対馬、インパルスヒーローとカシノピカチュウも視野に入れつつ、直前まで結論を引っ張る所存ですw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/657-c6bdf051