2013.05.28


1日経つとさすがに落ち着きますね、と書き出そうかなと思っていましたが。

いやー全然ダメですねw 会社帰りにGallopと競馬ブックを手にする瞬間の高揚感w ええ年こいてもわくわくするものですえぇえぇ困ったものですとも。イメージが反芻しては、武豊はすごいなーみたいに繰り返していたり。あ、仕事はしっかりしてますよw 社会人としての日常もまた大事ですw


さて、昨日思っていて書き切れなかったこと、つらつらと物していきます。若干長くなりそうですが、…いつものことでしょうか。失礼いたします。



エピファネイアの3コーナー。先ほどフジの映像を観たのですが、露骨に躓いていたのですね。現地では視認することが出来ず、どのくらいかかっていたのかも含め改めて確認することができました。このあたりは映像の強み、現地観戦にないメリットですね。まぁダービーは臨場感でしょう、と書いておきましょうかw ふふw 東京に生まれてよかったw

この躓きも敗因のひとつとして挙げられるでしょう。ただそのかなり手前から前方のクラウンレガーロに乗りかかるような前向きさで走ってしまう姿。ハミを引っ掛けながら折り合わせるという技術があることは岡部さんの現役時に学んでいるのですが、ちょっとそのレベルを超えてテンションが上がっていました。1コーナーでラブリーデイの進路に強引にカットインしたのも、このテンション対策として、インで前に馬を置くことを強く意識した所作だったと受け取っています。

うーん、当時はそこまで思っていなかったのですが、あのビュイックの弥生賞。前半のちょいちょいとしたプッシュとロングスパートは、エピファネイアが繊細に学んでいったレース中の折り合いを、結果的に崩すことになってしまったのではないかと考えています。皐月賞の1コーナーはお約束事が崩壊していることの表れ。そう考えると今回の福永の所作は最善を尽くしたものだったでは、と改めて認識しているところです。善戦で足りないのは承知のうえで。直線外に進路を確保する誘導は実に見事なものでしたからね。

…ラジオNIKKEIの2強。半年後にこれだけ立場が変化するとは想像がつきませんでした。体型ひとつ取っても。ボリューミーなエピファネイアと対照的に、キズナはスラッとした未完成さを示していたはずです。



ロゴタイプの1コーナーまで。クリスチャンはスタートから手綱を押して3番手まで進出。その位置が確保できたと見ると今度はがっちり抑える所作に移りました。結果、力強くストライドを伸ばし始めたロゴタイプは、そのストライドのまま首の動きを詰めたフォームを強いられています。すごい前脚を振り出しているのに「いくな」のサインが出ている状態。14万人の興奮の中、この短時間に強いゴーと強いブレーキを使い分けろというのは、かなりタフな要求でしょう。

フジの中継で岡部さんが「理想的なポジションをとりすぎた」という旨の発言をされていて、自分としては納得でした。ロゴタイプのリズムよりペースやポジションに嵌めることを優先しすぎた、ということと解釈しています。過剰にハンドリングしちゃったといいますか。結果的にここ3戦では一番力んだ追走になったのではないでしょうか。

クリスチャン自身が距離に敗因を求めるコメントを出していますが、ハンドルが利くことに信頼を置き過ぎていたのかなと思っています。ある意味では勝ちに逸ったといえるかもしれません。当然責められる騎乗ではありませんが、経験不足という厳しい表現が適当なのでしょう。戦前とかわらず、距離の壁ではないと思っています。

あー、今後はわかりませんね。父のような前向き過ぎるレース運びに変わってしまうかもしれません。その時はもっとも走りやすいペースから距離の壁が現れる可能性はあると思います。いまいまは守備範囲が広めの皐月賞馬というイメージでおります。



コディーノはなんとも残念。スタートの躓きと1、2コーナーの折り合いを欠く姿と。クレイグの魅力とマッチする間もなく勝利の可能性はなくなってしまいました。坂を上がってからは報道にもあったようにガス欠状態だったと思います。

ダービー1、2着はともに継続騎乗のなかで手探りを続けてきました。いまいま信頼の絆という言葉はベタ過ぎるかもしれませんし、袂を分かった真意もしばらく伝わってはこないでしょう。横山J乗り替わりの件からこちら、オーナーシップとの距離も含めてと邪推をしていますが、少なくとも伝わってくる限りの情報では「Happy People make Happy Horse.」という言葉からは少し遠のいている印象を覚えています。

…うーん、トレーナー自身の言葉にかけてうまく言っただけかもしれません。そうですね、ひとの輪が決定的に崩れていたら、レッドレイヴンのベストターンドアウト賞はなかったでしょうし。

皐月賞直後、馬の適性を考えてNHKマイルCと判断するかなって思っていたんですけどね。東京は合っていると思っていますので、秋以降に期待しています。マイル向けにパンプアップしたコディーノはきっとすごいはず、とイメージは膨らんでいます。



あとはメイケイペガスター。あの気性はどうしたものやら。仕上がりの素晴らしさはわかっていても、あの気性だとなかなか期待しにくいものがあります。乗り替わりの鞍上は喧嘩することを避けてすーっと先頭まで運んでいきましたが、これが今後に奏効するか。フィジカルはG1級と改めて心得た次第です。



最後に。

キズナの秋の目標はどうやら凱旋門賞。札幌記念を叩いてと聞いてブエナビスタがふんわり浮かんだのですが、いやいやそれ以前に今年の札幌記念は函館でしょうと。洋芝、という理由だけではちょっと不安なローテーションと映っています。地元での前哨戦がコンディショニングにはベターと思いますが、滞在費用とかね、大変ですので。

…個人的には菊花賞で見たいんですよね。ダービー、菊の2冠を獲って来年の海外遠征で完成した馬体を披露する、というほうが勝算が増すような。いずれにせよ、今後の選択には注目と思っています。



最後の最後に。

本命が本命だっただけにウルッとするような機会はあまりなかったのですが、フジの映像で福原さんがぐっとこらえている姿はダメでしたw CSの番組などで近しい間柄でしょうし、なによりファンですものね。親近感を覚えやすい稀有な語り手が感極まる姿を通して、この結末はひとつよかったんだなーとじんわり。自分も年を取りましたかね。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/666-c7ca4e0c