2013.06.02


ダービーの余韻が残りっぱなしです。

勝負が決した後のスタンドは幸せそうだったなーとか。世代もファン歴も問わず、武豊Jのいわば復活Vに拍手を送る雰囲気は、現場にいた甲斐があったなと。このあたりは以下の記事に共感するところです。エピファネイアに絶叫した理由はちょっと違ってましたけどw 絶叫に違いはないですかねw
第80回日本ダービー回顧~万雷の拍手、絵になりすぎる千両役者 - 血は水よりも濃し 望田潤の競馬blog



さて、もう新馬戦。

POG本もちょこちょこ眺めていますが、実際に走ってみないとなーという全くPOGに向かない体質でして。ちなみに某POG本の馬体メジャーは写真の縮尺を揃えたことでだいぶ印象がかわっちゃうなー、という身も蓋もない感想に。

新馬勝ち第1号はレッドリヴェール。個人的には、ステイゴールド産駒というよりアグネスデキシイの下。あのプラタナス賞の衝撃といったらなかったなーと。ピッチ走法の俊敏さと集中力はレッドリヴェールと似ているように思います。クレイグのギアの上げ方も繊細かつナイスタイミングと見えました。先々も楽しめそうな第1号という印象です。

安田記念と新馬戦を同時にチェックする感覚にはまだ馴染んでいませんけどね。ダービーでひと区切り、にしてはちょっとせわしない印象がありまして。切り替えが遅いのはキャリアのせいか年齢のせいか。どっちもかw 時期に慣れていくんでしょうね。



鳴尾記念も少し。

ダービージョッキーが鮮やかにペースを支配していたようです。トウケイヘイローが2000mをこなしてしまいましたね。懸念の折り合いから若干不可抗力な飛び出しだったかもしれませんが、残り1000mからレースを引っ張っての押し切り。どれかに捕まると思って複勝をもっていたのですが、過少評価で失礼をいたしました。一応、レースラップを載せておきます。
12.5-11.4-12.5-12.6-11.4-11.9-11.9-11.3-11.4-12.0



で、安田記念ですね。

世界のカナロアとインタビューを受ける鞍上の表情が硬いのは気になるところですが、高松宮記念の前半の進め方を見る限り、1600mという距離延長に関する不安はもっていません。リニューアル後の中京1200mは、直線の坂から逆算して前傾ラップになりにくいようですし。問題は適性ではなく、勝ち切れるかでしょうね。

カレンブラックヒル、ショウナンマイティ、グランプリボス、ナカヤマナイト、ロードカナロア、シルポート、ダイワマッジョーレ、サダムパテック。動きがよく見える馬は多かったです。スイッチが入ってしまった分、グランプリボスのラスト1ハロンはちょっと動きがにぶったように見えましたが、手前を変えずに踏ん張っていましたから、当日のテンションが高すぎなければ問題視することはないかもしれません。

キズナの末脚を「ナタ切れ」と表現するコメントに出くわしていますが、今週はショウナンマイティがそれに当たるかと。母父ストームキャットという記号は同じ、父がマンハッタンカフェに変わることでよりナタ感が増している印象があります。細かく言うならトップスピードに至るまでに若干時間を要するのかなと。浜中Jはどう乗るでしょうかね。

7枠3頭がどれくらい前々で運ぶのか。クレイグが押し出していくなら福永は被されることを許容するでしょうかね。先行のポジション争いで横がぽっかり空くのなら、8枠3頭の横の動きはスムーズになるかもしれません。

カレンの仕掛けどころ。坂での瞬発力勝負というよりは緩まない流れに乗って抜け出す方が持ち味が活きる認識。これを捉えるなら、スピードの持続力がレベル高く問われることになります。軽快な切れ味ではちょっと足りないようなイメージをもって、当日改めて逡巡しようかなと思っています。


ひとつ興味深かったのは、追い切り後の横山Jのインタビュー。冒頭は順調のひと言だけだったのですが、的を射た質問が続いたためでしょうか、徐々にきっちりとしたサクラゴスペル評で応える姿に変わっていったようでした。声からするとインタビュアーは福原アナでしたが、なかなか聞き応えがありましたね。やっぱり前に?という先入観ありきの問いかけもありましたが(いつもその種の質問の仕方は残念に思っています)、うまくジョッキーの見立てを引き出してくれていたと思います。



最後に。

競馬の話題ではないのですが、先週のアメトーークでプロレスを取り上げていまして。中邑選手の「イヤァオ!!」というマイクパフォーマンスが脳裏にこびりついているところですw 相手から対戦するかどうか問われるシチュエーションで「答えはこうだ!イヤァオ!!」と。叫んだ文脈の解釈は聞き手に任されているのだそうですw

中邑選手がどういう存在かよく知るところではないのですが(あ、プロレス弱者ですのでご承知おきを)、番組内で紹介されていたGKさんのブログで伝わるところはありました。勝手紹介ですが。
GKはこう書いた!|金沢克彦オフィシャルブログ「プロレス留年生 ときめいたら不整脈!?」Powered by Ameba

その価値を茶化すつもりはないのですが「本命はこうだ!イヤァオ!!」といって本命馬をはぐらかす転用方法を思いついていましてw ちょー面白がってますねw いまいまもちょっと予想に詰まるたびに叫んでいるダメな感じですw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/667-bdfcd381