2008.08.24

マイネルチャールズは、だらっと脚を使わされましたね。
今まで経験していないであろうペース、そんなに対応できないものかと思いつつ
テレビ観戦していました。

中山2000mという同じ舞台で似たレースを
繰り返し使い続けた影響、とは言いすぎでしょうか。
あるいはスタミナの問題?
しばらくあれこれ邪推しなければいけないようです。

勝ったタスカータソルテは、ここに向けての準備がぴったりかみ合った印象。
鞍上も落ち着いたもの。目算通りの差し切りだったのでしょう。


惜敗のマツリダも含め、秋のG1に向けてというと…。
うーん…。

札幌記念をG1に、という声もありますが、
今年の出走馬と結果では、レースレーティングも上がらないでしょうし。
近々では厳しいでしょうね。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/67-d490b6a3