2013.06.15
この土曜は職場の皆さまと府中へ。久しぶりに繰り出しました。

しかし暑かった。というより湿度が酷かったですねぇ。Yahoo!のピンポイント天気だと日中下がっても湿度60%以上。ずーっとウェットだったようです。ダートの含水量も土曜のレースを終えて稍重までしか乾きませんでしたしね。

一方の阪神、準メインの頃にはかなりの雨量になっていたようです。10、11、12Rとひとレースごとに馬場状態悪化の発表が。ちなみに手を出さなかった函館は晴れてましたし(追記:午前中は雨だったんですね)、3場買った人はなおさら、トラックコンディションに関してマメに頭の切り替えが必要な一日だったなーと思っています。レースする側には過酷だったでしょうね。有難うございます。


東京10Rはタイキプレミアムから折り返しなしの馬単。直線外から抜け出すときは勝ちを確信したのですが、内にいたドリームゴスペルの粘り勝ち。差せる勢いと思ったんですけどね。比較的内が残るコンディションと思いつつも、スタミナを兼備した末脚をもっていれば多少外でも差し切れる、という認識でいました。これは明日も補正せずにいけそうですが、どうでしょう。

そして東京最終はシンキングマシーンから折り返しなしの馬単。降級で確勝級という1倍台の人気に逆らわない判断は、直線向いたところまでは完ぺきでした。というより、タテもヨコも。鞍上の位置取り、エスコートが完ぺきでしたね。ただなー、坂を上がって前のアンバウンドをかわいがる姿、それに隠れるように内から未勝利を勝ったばかりのフロリダブルーが。。。

レースラップと脚色からしてシンキングが目いっぱい追ったとしても微妙な着差になっていたかもと思っていますが、おそらくフロリダブルーの脚勢はシンキングの鞍上には見えていなかったかな、という残念な結果と理解しています。


そして、どちらも馬券の買い方が残念。なぜ折り返さないのでしょうw ダービーもそうですし、この春の個人的トレンドが続いております。治療方法は簡単でw 「連」を買えばいいのですよ。どうやら予想をしっかり「よせる」ことに変にこだわっていまして。なんか、決断したという手応えにヤラれているみたいです。

いっしょに繰り出した同僚の皆さまにも、かなりイジられてしまいました。イジられること自体全く悪い気はしていないのですが(いいネタを提供してしまいましたよw)、やはりある意味で無用なこだわり。虚心坦懐として夏のグランプリに臨みたいなと改めて思わされました。

…まぁ、やっぱり、イジられてちょっとは悔しかったのでしょうw


あー、阪神はメインの天保山Sでなんとか3連複をゲット。予想とはうらはらな3、2、1着という結果でしたが、パドックの動きでスリーボストンをしっかりピックできたのは収穫でした。シセイオウジによせすぎた分若干トリガミでしたけどね。あの天候と馬場をこなすかどうかの判断は、なかなか難しいでしょうから。こちらは軽く胸を張っておきますw



最後に、明日のメインもさくっと。

ユニコーンSはサウンドリアーナの差し脚をピックする予定。ですが、前が止まりにくい馬場であれば、先行勢からラストでもう一つ粘れる馬を選び出しておく必要があるかな、と。それこそ「連」で押さえますよw

函館スプリントSはドリームバレンチノの展開スポイルを想定。外からパドトロワが被せてくるでしょうから、好位の内で立ち回れる馬のアドバンテージを強めにイメージしつつ予想をまとめようかなと思っています。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/673-fa5bb85d