2013.06.23

晴れ間があるのに雨が降る光景は、美観としては悪くないんですけどね。競馬場にはいなかったのですが、土曜の東京は微妙な空模様。馬場状態がなかなか回復しなかったのは湿度のためかなと思っています。梅雨真っ盛り。春のグランプリの時期特有の空気ではありますね。


肝心の阪神芝は稍重から良に回復しました。芝レースでは直線内から2~3頭目を空ける傾向。少なくない雨の影響を推察させますが、上がりラップを見るとそうでもないような。

9Rのカレンバッドボーイはピリッとした脚を示しきれず4着。先行馬を捉えきれませんでした。12.6-11.5-11.0-11.8の上がり4ハロンからすると、急な加速力でもラスト1ハロンの粘りでも及ばなかった模様です。故障療養明けの未勝利を勝ってのレースでしたが、両前脚を外側に投げ出すようないかにもなハーツクライ、成長途上と思われる後躯の非力さから、まだまだフォームを持て余している印象がありまして。ラスト400mから11.0が計時できていますので、勝ち切るのであれば加速にも粘りにも多少パワーが要る馬場という認識を得ています。

ちなみにカレンバッドボーイ。個人的にJBIS-POGでいったん指名したあと、故障でやむなく指名を外した経緯があります。ルール上預託料だけ引かれてしまうんですよね。やむなく、なのですが、なんか申し訳なさみたいな感情が残っていまして。今日の予想は半分こういう結果があり得ると思いつつの本命。当たり外れはともかく禊したような心持ちでおります。…こういう思い入れのバイアスが生じちゃうのでPOGは肌に合わないんですよねーw

※追記かつ閑話休題ですが、JBIS-POGの更新がアレな状態に見えていまして。どうなるんでしょう。


して、3強の評価。大穴狙いでない限り、今回の予想の大きなポイントになりますよね。オルフェーブルがでていれば間違いなく本命だったのですが、いったんそれは置いておかないといけません。


ゴールドシップ。ウマの走る気を尊重したいと内田Jが2週間つきっきりでコンタクトを取っています。一方の須貝師、追い切り後のインタビューは終始なんともいえない歯切れのまま。「有難い申し出ですから」「ジョッキーに任せていますから」という言い回しが主戦への信頼の証とも妙な遠慮とも聞こえています。

1週前追い切りは特にソフトでした。ゴールドシップの精神面にフォーカスした対策。信頼関係を前提に、お互いが最善を尽くそうとした際に出た遠慮から来る対策だとするとなんとも評価し難いものです。ベストと考える対策にずれが生じていやしないかと。主戦ジョッキーがつきっきりで調教に跨るというと、昨年のディープブリランテを思い出しますが、今回のタイミングはその事例よりも博打なのかもしれません。

ただ最終追い切りの動きは素晴らしいんですよね。ゴールドシップのG1は毎回懸念事項を重く取るか否かをつきつけられる印象があります。今回はどうでしょう。


フェノーメノの天皇賞春。かなり末脚を持続させやすい、バテてからの失速度合が少なくすむ馬場でこその上がりラップの構成だったという認識をもっています。京都のフラットな直線もあらかじめ考慮した4コーナーの仕掛け合い、そしてラスト1ハロンの失速ラップ、だったでしょうね。いまの阪神にそのままトレースするのは…?

2走前の日経賞、当時の上がり11.6-11.7-11.7を好位追走から余裕をもって差し切った姿から、明日の阪神で大きな武器になるであろう末脚の持続力を見てとっています。ただし、自分からシルポートを捕まえにかかるような早い仕掛けが要るようにも。特に岩田Jは好位追走組へ早めに取りつくでしょうしね。後ろにジェンティルを背負うなら目標になる分、仕掛けについては難しい判断を迫られそうです。


そのジェンティルドンナのJCは、ハイパーエクイターフが担保した尋常でない加速ラップ。このJCもそうですが、ラスト1ハロンが直前のラップより1秒くらいグッと落ち込むような、いわゆる早い仕掛けでかつ末脚の粘りを問われる展開をあまり経験していない理解をもっています。スタミナの底。今回の予想ではそれをどう汲み取るかが大きなポイントと見ています。まぁ正直、正確に推し量れないですからね。思い入れを大事にした方がよいかもしれません。エイヤで決め打ちするしかないかなと。

なんとなくですが、追い切りの動き!を見た時に、オークスのようなパフォーマンスをイメージしてしまっています。あー、もちろん勝手なイメージですが、イメージは勝手だからこそ面白いわけでして。3強のなかでは一番俊敏なタイプと見ていますし、馬場がFitすると見立てられればあまり迷わずに本命視する構えがあります。


3強以外ですと、トーセンラーとナカヤマナイトかな。トーセンラーはトレーナーが前目の位置取りを示唆していますが、どの位置から進めてもアタマには取りにくいという見立て。ナカヤマナイトはメリハリある加速にちょっと足りない印象ですが、馬場状態次第で評価を上げたいと思っています。


3強のオッズを見てみましたが、微妙に拮抗していますね。能力のどの部分が勝負の決め手になるのか、そして特にスタミナに未知の部分を残していることがその理由かなと汲み取っています。G1ですからね。スタミナの底を信頼して探り合うレースなら、本当に面白くなると思います。


4強なら財布をはたいてでも現地に参じていたかもしれませんが、この春の馬券も振るいませんでしたしねw 明日は最終日の府中へ繰り出す予定。始まる前は府中開催ながっ!という印象が強かったのですが、最終日なんですねぇ。

グランプリと春開催の名残を同時に堪能してくるつもりです。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/675-ab549001