2013.07.14


個人的に、…ブログの書き出しで個人的もないですが、今週は競馬のトピックに置いて行かれ気味な感覚でした。


確かに年を経るごとに情報にリーチしやすくなってはいますし、実際にニュースはさくさくチェックするようになっています。セレクトセールの売却価格も、エクリプスSの結果も、少し前ですがガジダービーの結果も。マニアックになるのは容易ですねー。

ただ、かえってひとつひとつの情報が印象に残りにくい感覚も増していまして。単にこなしたい情報量が多いせいかもしれません。仕事絡みで調べものが増えていることもあるかも。あーそもそも記憶力が落ちているのかなw


デュランダル、ファスリエフ、タニノシスター。死亡記事としっかり向き合うのもままならないような感覚も。確かにあらゆる競走馬に深く思い入れているわけではないですが。真摯さの欠如ではないんですけどね。


金曜は職場の皆さまと大井に。初競馬の女性をパドックの最前列へエスコートしてみたり。大きさ、歩き、ツヤ。競走馬の存在感にポジティブな感想をもってもらえたようでよかったです。一方の経験者(主に男性諸氏)は集中力を増しながら思い思いの検討に没頭。レースごとに負けを取り返そうする姿勢はとてもいい傾向w ただし初心者の女性を置き去りというのは感心しませんねw

馬券の種類やマークシートの書き方を伝えながら、自分は限られた時間と情報の中でさくっと買い目をまとめていました。事前に馬柱を見ておくことができなかったのでパドックや返し馬の印象と人気を組み合わせて、手加減した金額でというスタンス。結果は全敗でしたが、単勝を買って3着や、馬連BOXで1、3、4着といった平常運転でしたw

そうなんですよね。新聞を読みこまなくても(つまり脚質や過去の上がりを確認しきれなくても!)それなりに平常運転できてしまったわけでして。情報を整理する力は鍛えておくべきでしょうが、情報過多自体はひとつの楽しみ方であって決してマスト事項ではない、といういい気づきを得られたのかなと思っています。


ネット利用が広く普及したご時勢からして、多少情報に追われるくらいがちょうどいいのかもしれません。が、年齢的には新規のインプットより記憶を組み合わせる力の方が優位になる脳みそでしょうから。新規情報のフローとストック、そして組み合わせて醸成するバランスにはなお配慮していく必要がありそうです。何のために?基本趣味ですからね。楽しむため、でしょうね。

そうですね、その軸がブレる瞬間に対して敏感な自分だと頼もしいかな。情報に右往左往する自体、それはそれで楽しいわけで。目的と手段は容易にひっくり返りますからね。よしあしではなく感度よく楽しめれば。



水曜のJDD。別の会合を優先したため後で確認しました。クリソライトの独走は圧巻でしたねー。さらっと振り返っておきます。

12.4-11.5-12.6-13.5-12.6-12.1-12.7-13.0-12.0-12.4
緩急のあるラップはフィジカルもメンタルも要求されたものと受け取っています。向こう正面であの位置を取った内田Jなら頼もしい限りでしょう。ラスト2ハロンは馬の力。秋が楽しみですね。

3コーナー過ぎの緩んだ場面で捲ったケイアイレオーネの脚とその判断はなかなか見ごたえがありました。エーシンの粘りっぷりも鞍上のアクションと相まって素晴らしく。東京ダービー馬インサイドザパークのしぶとい末脚もなかなか。4コーナーからの置かれ方を見るとむむっとしちゃいますが、ブライアンズタイムなフォームは味わい深く。JBIS-POGで指名していた分ちょっと期待が過ぎているかもしれませんね。もうひとつ成長してくれよー。



最後に。

明日は函館記念。先行争いが気になるところですが、気持ち外差しも決まるようならコスモネモシン、アスカクリチャンあたりもフォローしておこうかなと思っています。荒れると読むなら過多な情報に目をつぶることも必要、かもですね。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/681-abb3d879