2013.07.16


3連休の月曜は大井におりました。

船橋ではスーパースプリントシリーズのラスト、習志野きらっとスプリント。盛岡では交流重賞マーキュリーC。悪友と相談の結果、どっちも現地は遠いなーとなりましてw いやいや、梅雨明け以降の真夏日続きはバカにできませんからね。引き続き熱中症には気をつけて。


その前に週末の函館記念を。

しっかり見ていましたが、なんといいますか、武豊Jの見事な逃げ以外に語ることがない印象でして。あまり馬券の当たりはずれとブログを書くテンションに相関はないと思っていますが、トウケイヘイローが無印だったこともありますかねーw 各馬のパフォーマンスに言葉を注ぎ込むことはできるのですが、トウケイヘイローが先手を取り切ったことが勝負の大半を占めると思っています。

きれいなスタートと後続をスポイルするけん制的なラップ。ハンデを見込まれたならなおさら、加減速の少ないラップで負荷を下げる判断がベターでしょう。先手を取り切る前に何とかしないといけないのに、という他のジョッキーへの揶揄じゃあ書いててつまらないですしね。

美しくも支配的なラップはこちら。お見事という他ないですねー。
12.2-11.0-11.7-11.8-12.1-12.1-12.0-12.0-11.6-12.1



さて、マーキュリーCから。

ソリタリーキングの勝因は1コーナーまでのポジショニングと思っています。福永Jが(いつになく?)しっかり縦横のポジションを主張して、1コーナーまでにエーシンモアオバーの2番手を取りました。スタート直後はなかなか行き脚がつかなかったようですが、思い切りよくプッシュをやめなかったことが大きく奏功したと見ています。

レースラップの発表はないですがソリタリーキングの上がり36.8、上がり最速のシビルウォーが36.5。ハイペースではなかったでしょうし、2番手の馬にこの上がりを出されたら、たとえ1頭分だけであっても後続にはなかなか厳しい展開になっていたと推察します。はい、グランドシチーの顛末を象徴的に捉えています。

ソリタリーキングの鞍上。個人的に(でもないでしょうが)ポジショニングよりスタートからのリズムを重視する印象が強い分、この1コーナー2番手はいい意味でアガりました。1コーナーまでの入りを重視してのプッシュなら頼もしいなーと思っているところです。中京開催になってから勝率、連対率ともかなり好調なことも積極的な判断を生む背景にあったかもしれません。

秋に向けてとなると微妙ですが、軽めの馬場ならまだまだ要注意という存在感を示した一戦でした。ちょっと冒険しすぎたかなと思いつつ、単勝を選択できてよかったです。


そして、きらっとスプリント。

こちらはラブミーチャンの1強っぷりが目立ちました。スタートから終始先手を取ったまま直線で突き放す横綱競馬。以上終了、でよいのですが、一応相手関係のことだけ。

2番人気のスターボードはラブミーチャンより外枠で先行タイプ。一方のアイディンパワー、タマモスクワートは中団より後ろから差して結果を出しているタイプ。基本的にラブミーチャンの本命を疑っていませんでしたので、レース前半にスターボードがどれだけラブミーチャンをけん制するかが、相手選びのポイントだと考えていました。

上位人気の中でスターボードのパドックは前走と変わらずにやんちゃな姿。タマモスクワートも仕上がっていましたが、馬格と前走の内容でアイディンパワーの差し込みを上位に取りました。取っちゃいました、が正解ですかね。。。

レースラップです。
12.0-10.8-11.4-11.8-12.3

…肝心のアイディンパワーが出遅れ気味とは。4コーナーで外に振る判断もやむを得ないとはいえ後手の印象。1000mですからなおのこと、スタートが致命的なロスになってしまいました。一方、スターボードは思ったより早々に後退。ここ数戦、中団から差しこんでいたディープハントが2着を確保しました。これをしっかり押さえないと馬券にはつながりませんね。。。

ラブミーチャンは今年で引退という報道を目にしています。来年のスーパースプリントシリーズが結構心配な気もしていますが、まずはこの秋のパフォーマンスをしっかり見届ける方が先決ですね。秋の金沢まで順調に。



最後に。

場外としての大井競馬場はちょっと寂しかったです。特にモニターの数。盛岡の中継は確認した限り2つだけでした。交流重賞の日だけ繰り出して意見するのはどうかとも思うのですが、ユーザーの使い勝手を考慮したよーというメッセージはあまり見当たらない、ちょっと残念な印象でした。

閑散とした場内と、人気のないL-WINGは正直悪くなかったんですけどね。
Tokyo City Keiba L-WING


あー、最後の最後に。

以前も大井でマーキュリーCを観戦したのですが、悪友とその際に見つけた子猫の話題に。馬場を横切る姿を見守っていたらレース中継を見逃すという失態も、思い出語りとしてはちょうどよかったみたいです。過去の投稿を見つけました。2010年でしたね。
マーキュリーC




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/682-1221ada4