2013.07.24


フラガラッハの連覇でした。

日曜はさっくりメインのみ予想していました。中京記念は逃げ馬が見当たらない分、好位組が直線外に展開して押し切るとイメージ。最終週ですから少なくなく内が荒れているだろうと当たりをつけつつ、ドナウブルーとワイズリーの組み合わせを中心にしていました。はい、甘甘な予想でしたね。

レースラップはこちら。
12.9-11.5-11.3-11.5-11.5-11.3-11.7-11.8

このイーブンラップは珍しいでしょうか。2ハロン目が遅い分、前半3ハロンで分析するとスローと判断されそうですね。追い込んだフラガラッハも含んで、先行勢は団子状態でけん制し続けていたようです。どこかでこのけん制を「抜く」有力馬がいればまた違ったでしょうが、残り400mまで緩みのない実は厳しめの展開だったように推察しています。

高松宮記念も2ハロン目はそこまで速くなかったような。中京1200、1600はスタートから向こう正面を長く使う分(すぐにコーナーを迎えない分)、ラップ構成に特徴がでるのかもしれません。

坂路での追い切りはよかったんですよね、フラガラッハ。展開面でスポイルされるかなーと思っていたのですが、ばっちり嵌りました。特にここ2走の展開スポイルの印象が強く、その分スルーしてしまった格好です。夏重賞はリピーター、くらい単純なコピーを記憶しておいた方がよいのかもしれません。

好印象なのは継続騎乗。昨年の米子S→中京記念の連勝から乗り替わりは一度だけ。それも当日の落馬負傷での乗り替わりですから(加害が幸四郎Jでフィリーズレビューに乗れなかった件ですね)、陣営は一度もスイッチする意思がなかったことになります。

トレーナーはジョッキー当時、代打前提の騎乗依頼を快諾してファインモーションで結果を出したこともあり。乗り替わりの機微に通じていることが滲んで見えます。ひとりのジョッキーの名前がならぶ成績表はそうやって見ると味わい深いですね。高倉Jもその分苦しかったでしょうが、得るものも大きかったのではないかなと。


ミッキードリームは先行勢の中では大善戦でした。スローの毎日王冠で3着していたことも、買い材料としてはパンチ薄めですしね。終わってみれば外目の枠も奏効したのだと思っています。

リルダヴァルはなかなか重賞に届きませんね。一方のドナウブルーは先を見据えた仕上がりだったでしょうか。どちらも外差しの効いた馬場が味方しませんでした。パトロールフィルムで向こう正面の流れを確認しましたが、相当内を避けていますし。人気馬2頭とも地力は示した内容だったと見ています。

ワイズリーも内枠に泣いた格好。逃げ馬不在で最内枠でしたからある程度ポジションを取らざるを得なかったでしょうか。重賞だと展開に注文がつきそうですが、折り合いに苦しいところがないのはプラスですね。小倉の中距離で後ろからじっくりとか面白いかもしれません。引っ張る馬はいてほしいかな。



最後に。

フレールジャック、残念でした。正直、追い切りで評価を下げたのですがまさか故障とは…。左前ですから左回りでは軸になる側。馬群がパスするまで我慢できたのは立派でした。

ヴィルシーナの血統表を見てフレールジャックの近親と気づき、フォームを思い浮かべてなるほどと腑に落ちたのを思い出しました。近々では予想で重視しないケースが多かったかな。でもラジオNIKKKEI賞の脚色はよく覚えています。当時2着のマイネルラクリマは、この秋の期待馬の1頭。無事であることは厳しくも尊いです。どうぞ安らかに。




さて、来週からは新潟、小倉開催がスタート。戻り梅雨などと報道もありますが、ぜひぜひ好天で。

個人的には仕事が繁忙する見込みですので、競馬に費やす時間は限られそうですが、新馬含めチェックは怠らずにまいりたいと思います。と熱を上げているようで、函館2歳Sにはあまり萌えていなかったり。どうしてもクリスマスの季節にはつながらないコースとペースですからねぇw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/684-533058fd