2013.08.19


トウケイヘイローが荒馬場を逃げ切りました。

夜になって函館の日照時間を見てみたのですが、17~18時台で合計30分程度。日中の日照時間は0という記録でした。降水量はそこまで記録されていませんでしたが、湿った馬場が乾く機会はあまりなかったようです。

結果的には函館記念同様、スタートをきっちり決めたトウケイヘイローの逃げ切り。形としては「同様」なのですがその内容はかなり馬場の影響を受けたものになりました。

レースラップです。
12.6-11.3-12.3-12.8-12.7-12.7-12.4-12.7-13.0-14.0

トウケイヘイローはこれまで同様の好スタートから、じわりじわり内に寄せるポジショニング。外からの牽制はかなり奏功していたと思います。武豊Jの手が動いていなかったので遅めかな?と思っていましたが、11.3のラップを確認してちょっと納得。ネコパンチが先手取れませんね。逆にアンコイルド、アイムユアーズはけっこう積極的にポジションを取りに行きましたね。

馬場がゆるくて掘れる分、カラダを大きく伸縮させるストライドより、可動域が狭めでもしっかり馬場をグリップする走り方が優位になるのでしょう。トウケイヘイロー、アスカクリチャン、アイムユアーズなどは後者にあたるでしょうし、一方で府中の掘れない良馬場を「叩いて」G1を獲った馬が軒並み着順を下げましたから、大きく外した理解ではないと思っています。今期の函館の良績を素直に重視すればOK、とも言えますね。

あとはペース。トウケイヘイローのラップは2分割すれば前傾ラップなのですが、残り800mで早めに仕掛けているのが見て取れます。後半の仕掛けどころも早くしたことで後続の差しを完封した格好になりました。自身の上がりが39.7、最速がアスカクリチャンの39.6ですから、切れ味よりはバテないことが求められる展開。ロジユニヴァースのダービーがちょうどこんな感じだったと記憶しています。…あー、ロジがここにでていたら?ねぇ。

武豊Jはこのペース配分を十分予見して臨んでいたでしょう。そりゃそうですね、9R定山渓特別は札幌記念と同じ2000m。ネコタイショウの逃げ切りで見事に試走を終えていますから。ネコタイショウのラップはこちら。13秒台がふたつある分とよりゴールに近い仕掛けどころがクラスの差と読み取れます。組み立て方は同じでしょうね。
12.7-11.2-12.1-12.5-13.2-13.3-12.8-12.9-12.5-13.7

これでサマー2000シリーズはマイネルラクリマが新潟記念を勝たない限り、トウケイヘイローで確定になる模様。春先には想像できない展開でしたねぇ。秋G1、天皇賞(秋)への展望というと何とも言えないかなと思っています。2ターンでアンジュレーションの少ない芝2000mのG1があれば。無事にでてきたら悩ましい存在にはなりそうです。


いくつか。

アスカクリチャンは岩田Jの好判断があったと思っています。先行争いを前に見つつひとつ下げたポジションで1コーナーへ。4コーナーは最内しか見ていなかったでしょう。馬場をこなすと考えての戦略。トウケイヘイロー武豊が一枚上手だっただけで能力を発揮した2着と見ています。

アイムユアーズは馬場に関係なく少し長いのでしょう。それを汲み取っての先行策なら、展開に対する池添Jの判断は必要十分だったのかなと思っています。積極的でしたね。

アンコイルドがこの馬場をここまでこなすとは思っていませんでした。4コーナーでの手応えからすればかなり踏ん張ったのではないでしょうか。スタミナの裏付け。この後の適鞍はどこでしょうね。

トーセンジョーダンはスタートがもったいなかったですね。プラス体重は見た目にも表れていたと思いますが、なにより今日は馬場に尽きるでしょうか。休養明けの試走という意味合いでは悪くなかった印象です。

トウショウボーイ以来の皐月賞馬参戦。ロゴタイプの出来は悪くなかったと思っています。ただ秋に向けたつくりであること、それも柔らかい筋肉と全身を使うフォームが今日の馬場には向かないであろうこと。プラスの条件が少なかったのは運もありますかね。個人的には着順含めよくまとめられたなぁという印象です。ダメージが少ないことを祈りますが、着順含めノーカウントといってもいい内容だったと思っています。あ、テン乗りの鞍上に不満はありませんでした。



最後に。

ネコタイショウで逃げ切った鞍上のコメントがふるっていました。

「スタート直後に左によれて行きっぷりが良くなかったけど、1周目のゴール板過ぎてからはネコまっしぐらだったね。ネコなりで勝ちました」


…カ○カンかいなw

9、10、11Rと3連勝。今年の重賞勝利はトップの9勝目。いわゆる「復活」のサインが数字のうえにもコメントの上にも表れてきましたねw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/689-b5b42592