2008.08.29

数日、反応が遅れてますが。

JRAの記事です。
http://www.jra.go.jp/news/200808/082502.html

強い思い入れがあったわけではないのですが、
ケイバを始めて、一番最初に見た朝日杯の勝ち馬。
その当時の出走馬はよく記憶に残っているのです。


2歳時、3歳春のクラシック…、あー当時の表記は3歳と4歳春ですね、これも今は昔。
後から振り返ると、ブライアンズタイム産駒の当たり年なのですが
3歳春までは、ランニングゲイルとメジロブライト、だったのですよ。

タイキシャトルはスロースタート。
サイレンススズカは、まだ能力開花前。緑のメンコ前。タケユタカ前。
全体の論調は、サンデー不振、ライアン旋風、みたいな感じでした。



佐藤哲三の初G1。
NHKマイルCからダービーという、斬新なローテーション。
(これは皮肉になるか。体調が上がりきらずで、皐月賞回避だったはず)
忘れたころの雨中のマイラーズC。

同期のBT産駒。
サニーブライアン。淀の4コーナーをどう下ったでしょう。
シルクジャスティス。有馬記念。渾身の単勝勝負。
セイリューオー。皐月賞の本命。
シルクライトニング。ダービーの鞍上の後ろ姿。
あぁ、エリモダンディー(涙)


…思い出がとっちらかっております。
合掌。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/69-4aab741b