2013.09.16

デニムアンドルビー、馬場も展開もねじ伏せました。

台風18号が最悪のタイミングで接近してしまいました。阪神の馬場状態、特に内から3、4頭目まではかなり緩く映りました。ここを通って1000m通過が58.2ですから、相当苦しい流れだったと思われます。

レースラップです。
12.3-10.9-11.4-11.7-11.9-11.9-11.9-12.5-13.2

デニムアンドルビーはめっこり出遅れました。最内枠の馬場状態うんぬんではなさそうな、行き脚のつかないアクション。気持ちカラダが硬めなのかな。ストライドを詰めて走るのが得意でないのかもしれません。そのかわり、ではないでしょうが、1000mにわたるロングスパート。これまで披露してきた有り余る息の長さがここでも見られました。おそらく内田Jは後方待機のパターンも想定していたでしょうね。仕掛けてからは終始外目の馬場のいいところを、前傾ラップも味方にできました。

力を示したと同時に課題も露呈しましたね。枠順を問わず、本番の秋華賞にけっこうな不安を残した格好。予想は面白くなりましたが、本番につながりにくいハイパフォーマンスだったと思っています。個人的には単勝で獲れた分、微妙な手応えが残っちゃいました。


シャトーブランシュは狙っての2着。後方2番手からデニムアンドルビーを一度やり過ごしての仕掛け。北村友Jの判断も奏功したようです。前走の結果から馬場をこなしそうな読みはありましたが、買い切れませんでしたね。井崎さんに逆らってはいけませんでしたw 本番では展開のプラスアルファが必要かな。注視はしたいと思います。

前哨戦として一番の内容はメイショウマンボだったと見ています。大外枠から折り合いを欠いてしまうかなと評価を下げていたのですが、この前傾ラップが追い風になったはずで、道中の運びはスムーズでした。極端なスローにならなければこの経験は本番でプラスに働きそうです。スタートからじわじわと馬群に沿わせる幸四郎Jの誘導も奏功したでしょう。パトロールフィルムで堪能できます。

一方、エバーブロッサムとレッドオーヴァルには厳しい結果になりました。エバーブロッサムは終始手綱の動く追走。馬場が合わなかった、のひと言かもしれませんが、本番に向けて不確定要素が増してしまいました。京都替わりで巻き返す可能性を捨てずにいようとは思っています。

レッドオーヴァルは先行策。乗り替わりの強みとも見えますが、これで方針転換のお膳立ては整ったでしょうか。秋緒戦、実績のない1800m、不良馬場、先行策。着順ほど悲観することはないでしょうね。距離適性を明確に見極めるための積極的なトライアルだったと思っています。秋華賞にこだわらないといいなぁ。



最後に。

これを書いている間にフランスで大きな結果が2つ。キズナもオルフェーヴルも結果をともなって本番に向かうことになりました。雑感を別記事で書いておきたいのですが、明日月曜は仕事なんですよね。時間が許せばなんとか。台風もセントライト記念も気にしながら、まずは寝ないといかんと思っています。まぁレース映像を観てしまったのですっと寝ることは難しそうですけどw

9/16追記:懸念通り、月曜の中山・阪神両開催が中止になっています。というより台風が直撃している地域はかなり厳しい状況のよう。くれぐれもお気をつけください。以下がJRAの発表です。
【緊急】本日の競馬開催は中止となりました【9月16日(祝・月)】

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/695-b0b74da9