2013.09.23

2013年、遠征した2頭の日本ダービー馬は凱旋門賞のトライアルを最高の形で終えることができました。

1週間経って、ようやく落ち着いて評論なり映像なりいろいろ観ていたのですが、この日記的には「わくわくしてます♪」とだけ書いておけばいいんじゃね、と思い始めてましてw 前哨戦でクリアしたことや課題などはいくつかの記事を見れば書いてありますしね。自分でまとめないという雑な発想ですなw


…はい、両馬とも簡潔にまいりますw

オルフェーヴルのフォワ賞。ようやくレースという価値観にメンタルが適応し始めてきたのかな、という感想はもちました。抜け出してからも勝手に力の向きを変えるようなことはありませんでしたし。普段から僚馬ブラーニーストーンを後ろに、先導するようなトレーニングを行っているようです。昨年はアヴェンティーノに頼りっ放しでしたからね。心身の完成度、きっと今がピークなのでしょう。その意味ではわれわれ観る側は安心して本番を迎えられます。

その分、他の陣営は道中厳しくマークしてくるでしょう。昨年の脚色からすればそりゃそうですよね。昨年の2着後、東京でトレーナーと会食した際に涙を見せたというスミヨン。1年越しのリベンジはどんなリードになるでしょうか。しかし、直線抜け出してから豪快に振り返る姿。あれは何を確認したかったのでしょうね。ヨレるって、と思わず心配しちゃいました。


一方、キズナのニエル賞。最終コーナー、内をしっかり締めながら回ったことで、直線キズナが外に膨れる場面がありませんでした。おそらくですが、ユタカJがフォルスストレートを抜けるところで右斜め前の内の馬に対して首だけ主張したのかなと。映像観ながらふわふわ味わっておりました。

本番での進め方。ポジションはもっと後ろかも知れませんが、レイルリンクに近いイメージをもっています。本命馬の後ろで虎視眈々とするイメージ。あー、オールカマーのヴェルデグリーンで例えてもいいかなw



怒涛の関連URLラッシュ。いきます。

2つの前哨戦の結果はこちら。JRAのリリースです。
ニエル賞(G2)、フォワ賞(G2)他の結果

詳しい前哨戦回顧はこちら。合田さんならではの冷静と情熱の間、ですね。
理想的な試走を終えたキズナ、オルフェーヴルの前哨戦回顧 | netkeiba.com競馬コラム

JRAは凱旋門賞特設サイトを開設しています。RACING VIEWERとのコラボ。
2013 凱旋門賞特集

フォトギャラリーもありました。調教シーンが印象的です。
2013 凱旋門賞特集 フォトギャラリー

写真はこちらでも。愛読しているJBIS-Searchの海外遠征現地レポート。
現地の広範なトピックを取り上げたりします。
2013 フランス 凱旋門賞 現地取材レポート | 日本馬の世界挑戦!現地レポート

YouTubeからは2つのチャンネル。France Galopです。
Chaîne de France Galop - YouTube

そしてGERMAN RACING。ノヴェリストのバーデンバーデン賞はこちらで確認しました。
GERMAN RACING - Galopprennsport in Deutschland - YouTube



…いやー、海外遠征の情報がこれだけさくさく手に入る事実に、まだ微妙にフィット感がないんですよね。もちろんネットでの情報収集にためらいはないのですが、翌日のスポーツ紙を待っていたのが懐かしいなと。情報の取り方が選べる分応援にも熱が入れやすいですから、その意味ではプラスの傾向でしょうかね。

引き続き、本番に向けてポジティブに一喜一憂したいと思います。あーなにより、両馬とも無事に。




最後に。

上記のFrance Galopで観られるティザー動画が素晴らしいです。いわゆるPR用の動画ですね。Teaserにはじらすという意味合いがあるようですが、このクオリティはかなりじらされますw
Teaser Qatar Prix de l'Arc de Triomphe 2013

2008年からスポンサーになっているカタール。動画の冒頭に出てきますが、その国旗の赤茶色は凱旋門賞のロゴにも採用されています。過去の戦争で流れた血の色を表しているとのこと(Wikipedia調べ)。あるいは現地では違和感を醸し出すスポンサーシップなのかもしれませんが、個人的には凱旋門賞への憧憬にノーブルかつ上品さを添えている印象で、極めてうらやましい。日本ではこうはいかないもんなーかっちょいいですねーw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/698-c6fc5304