2008.01.11
中東はドバイで開かれる国際レースデー・『ドバイミーティング』に
日本馬が登録を済ませています。
(1/11現在、リンクのJRAサイトで確認できます)

ビッグレースへの登録は、そのウマの関係者の
評価や期待の現われですので
登録状況を眺めるのも楽しみの一つです。

人間で言うとなんでしょう?受験の願書提出状況が公表されるとか?
変なリアルさがでましたね(苦笑)
英検とかでもよいと思います。
自分の実力とレースの難易度を加味して、今回何級を受けるか決める感じですね。

もちろん、背伸びした登録もあるわけです(笑)

ここからは個人的な見解になりますが、
この背伸びは、よい意味での「示威行為」だと思っています。

レベルの高い(と評価されている)レースへの登録、出走、そして結果を出すことは
競走馬として高い評価を受けるために重要です。
ですから、ビックレースへ登録するだけでも、
それだけの実力秘めてますよ~、的なアピールになるわけです。
(実際はさらにウラを読んでいるでしょうね)



そんなマニアックな観点から、今回のドバイミーティングで
「ひっかかった」登録馬を書いておきます。
あいつ、ドバイに願書出したんだー、な感じですね。

 フィフティーワナー (そんなに復活できるのか)
 マコトスパルビエロ (1年後なら。今年の後半まで大事に使ってほしい)
 アドマイヤオーラ (DFなら期待)
 アドマイヤジュピタ (積極的)
 ノボトゥルー (積極的)
 フサイチクリヨン (せめてデビューしてから)


元も子もないことをいうと、ドバイ側から招待されないと
登録しても出走できないんですけどね。

それも含め、今後の動向、楽しみにしてます。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/7-d1fdf0dd